「だんらん」で心からだんらん<保土ケ谷>

公開日: 更新日:

 先週紹介した鎌倉のカレー屋「COPEPE(コペペ)」オーナー、迫文代さんから「“料亭?”と思うレベルの料理が、ものすごく安い値段。ぜひ行ってみて」と大推薦されたのが、保土ケ谷の「だんらん」。

「知人から、保土ケ谷のおいしい立ち飲み屋さんを教えてもらったの。その店がある一角は渋い商店街で、いいなぁと思って、歩いて見て回ったのよ。そしたら、店先でコロッケを売っている店があって、のぞくと中で焼き鳥も食べられるようになっているじゃない。それが、これまで食べた焼き鳥の中でも最高の部類に入るほど、おいしかったの! 1本120円で!週1回は通っている」

「なるほど! ザ・ワールド」のリポーターで、世界各地でおいしいものを食べてきた迫さんがそこまで絶賛するなら、行かねば……。その足で出かけることにした。

 JR保土ケ谷駅東口の商店街は、“こういう感じがよくぞ残ってくれていた”と、惚れ惚れする雰囲気。「だんらん」の場所をチェックし、商店街を行きつ戻りつ観察。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    夫フジモンは男を上げる格好に「男は黙って離婚」が正解か

  4. 4

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  5. 5

    親の介護のために定年退職後はアルバイトを続けてきたが…

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    阿部慎之助はこうして高等技術「ツイスト打法」を会得した

  8. 8

    官僚のみなさん怒ったら? どこまでも上から目線の菅長官

  9. 9

    「私なら辞める」河井案里議員は自分の発言を忘れたのか?

  10. 10

    梅宮辰夫が役者になった目的4つ いい女を抱く、酒を飲む…

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る