再開発で面白さは四方に広がっている<下北沢>

公開日: 更新日:

「下北沢で店を出そうと思ったら、六本木で出すのと同じくらいの家賃なんだもん。チェーン店ばかりが増えるのも納得」

 7~8年前、甲州街道沿いの飲み屋店主が嘆いていた。“六本木並みの家賃”が本当かどうかは別にして、ある頃からチェーン店が増え始めた。

「ここ数年、下北沢駅前は、大人が静かにくつろげる店が減った」とため息をつくのは、昔から下北沢近辺で飲んでいる友人。また、別の50男も「通っていた老舗家庭料理の店が、2軒続いてつぶれた。ひとりで酒を飲めて、食事もできて、使い勝手がよかったのに」とブツブツ。

 再開発などで、下北沢は猛スピードで変化している。この地が放つ「味」に触れられるのは、もしかしたらあと数年かもしれない。

 江戸時代は茶畑だった土地を大正期に宅地開発。戦後、闇市の時代を経て、小劇場が点在した。その闇市の名残は撤去され、残っているアーケードはほんの一部だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  4. 4

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  7. 7

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  8. 8

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  9. 9

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  10. 10

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る