再開発で面白さは四方に広がっている<下北沢>

公開日: 更新日:

「下北沢で店を出そうと思ったら、六本木で出すのと同じくらいの家賃なんだもん。チェーン店ばかりが増えるのも納得」

 7~8年前、甲州街道沿いの飲み屋店主が嘆いていた。“六本木並みの家賃”が本当かどうかは別にして、ある頃からチェーン店が増え始めた。

「ここ数年、下北沢駅前は、大人が静かにくつろげる店が減った」とため息をつくのは、昔から下北沢近辺で飲んでいる友人。また、別の50男も「通っていた老舗家庭料理の店が、2軒続いてつぶれた。ひとりで酒を飲めて、食事もできて、使い勝手がよかったのに」とブツブツ。

 再開発などで、下北沢は猛スピードで変化している。この地が放つ「味」に触れられるのは、もしかしたらあと数年かもしれない。

 江戸時代は茶畑だった土地を大正期に宅地開発。戦後、闇市の時代を経て、小劇場が点在した。その闇市の名残は撤去され、残っているアーケードはほんの一部だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  7. 7

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  8. 8

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  9. 9

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  10. 10

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

もっと見る