再開発で面白さは四方に広がっている<下北沢>

公開日:  更新日:

「下北沢で店を出そうと思ったら、六本木で出すのと同じくらいの家賃なんだもん。チェーン店ばかりが増えるのも納得」

 7~8年前、甲州街道沿いの飲み屋店主が嘆いていた。“六本木並みの家賃”が本当かどうかは別にして、ある頃からチェーン店が増え始めた。

「ここ数年、下北沢駅前は、大人が静かにくつろげる店が減った」とため息をつくのは、昔から下北沢近辺で飲んでいる友人。また、別の50男も「通っていた老舗家庭料理の店が、2軒続いてつぶれた。ひとりで酒を飲めて、食事もできて、使い勝手がよかったのに」とブツブツ。

 再開発などで、下北沢は猛スピードで変化している。この地が放つ「味」に触れられるのは、もしかしたらあと数年かもしれない。

 江戸時代は茶畑だった土地を大正期に宅地開発。戦後、闇市の時代を経て、小劇場が点在した。その闇市の名残は撤去され、残っているアーケードはほんの一部だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る