きっかけはふぐ<板橋>

公開日:  更新日:

 板橋在住のご夫婦たちと待ち合わせたのは土曜日の夕暮れ。彼らが長年行きつけにしているふぐ屋に案内してもらうのだ。

「天然とらふぐ。ここで食べたら、もうほかの店には行けない」

 食通の彼らが絶賛する店、期待はいやが上にも高まる。1時間以上早く着いてしまった。

 東口の駅前オブジェを左手に眺めながら行くと、女の子が入浴している姿を描いた看板が。ラジウム温泉だった。そして、滝野川市場通り商店街へ。

 やきとん煮込みの「越後屋」、ベンチに座って串を頬張っている客を見たら食べたくなったが、我慢。茨城県観光農園「芦ケ谷の里直売所」はみずみずしい野菜がお手頃価格。視線を変えれば、肉屋の店先に「朝鮮漬け」の文字。白菜にも朝鮮漬けにもひかれたが、後のことを考えて通り過ぎる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る