きっかけはふぐ<板橋>

公開日: 更新日:

 板橋在住のご夫婦たちと待ち合わせたのは土曜日の夕暮れ。彼らが長年行きつけにしているふぐ屋に案内してもらうのだ。

「天然とらふぐ。ここで食べたら、もうほかの店には行けない」

 食通の彼らが絶賛する店、期待はいやが上にも高まる。1時間以上早く着いてしまった。

 東口の駅前オブジェを左手に眺めながら行くと、女の子が入浴している姿を描いた看板が。ラジウム温泉だった。そして、滝野川市場通り商店街へ。

 やきとん煮込みの「越後屋」、ベンチに座って串を頬張っている客を見たら食べたくなったが、我慢。茨城県観光農園「芦ケ谷の里直売所」はみずみずしい野菜がお手頃価格。視線を変えれば、肉屋の店先に「朝鮮漬け」の文字。白菜にも朝鮮漬けにもひかれたが、後のことを考えて通り過ぎる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  9. 9

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る