• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

濃厚おつまみスナックが進化 「生チーズのチーザ」誕生秘話

投稿日:  更新日:

 お酒に合う大人スナックとして2008年に発売されるや、3年で1億個以上という驚異的な売り上げを記録。“濃厚おつまみ”の代名詞ともいわれた江崎グリコの「チーザ」が3月24日、「生チーズのチーザ」としてリニューアルされた。

「チーザ」は原材料に粉末チーズを使っていたが、「生チーズのチーザ」ではそれを乳酸菌が生きたままの生チーズにチェンジ。ラインナップは「チェダーチーズ」と「カマンベール仕立て」の2種類で、前者には生のチェダーチーズが53%、後者にはチェダーチーズとカマンベールチーズが合わせて53%も入っている。

 味はこれまでよりさらに濃厚で、モチモチした食感で風味も豊か。ビールやワインはもちろん、日本酒にも合うおつまみだ。

■一度は挫折しかけた「カマンベール」

 原材料を粉末チーズから生チーズに……こう言うのは簡単だが、リニューアルは試行錯誤の繰り返しで、困難を極めた。開発担当者である同社ビスケットマーケティング部の大角直史さんに聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  10. 10

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

もっと見る