総菜まで登場 進化する「フリーズドライ」はお湯の量が肝心

公開日:  更新日:

 サラリーマン、OLの新しいランチとして注目されつつあるフリーズドライ商品。熱湯を注いで数十秒の手軽さと低カロリーが魅力だ。

 開店から2周年を迎えたアンテナショップ「アマノ フリーズドライステーション」(東京駅そばのJPタワー)に行ってみると、午前中から主婦や観光客で賑わう。味噌汁、親子丼、にゅうめん、雑炊など約100種類。お湯のサービスもあり、その場で作ることもできる。

「フリーズドライは工程の関係で、油分は少なく、ビタミンCも損なわれにくいのが特徴です。来月下旬には、お総菜(ひじきの煮物、ポテトサラダ=通販で販売)が加わります。また、よりおいしくいただいてもらうには、お湯の量が重要です。きょう(27日)から『アマノオリジナルマグカップ(税込み1500円、来月25日から通販で販売)』を先行発売します。目盛り付きなので職場で使っていただくのに便利です」(「天野実業」広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

もっと見る