日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4Kテレビに最新掃除機…「男の家電」は夏のボーナスでゲット

 家電がスゴイことになっている。半年間、量販店をのぞいていないと、あまりの進化のスピードに驚かされてしまう。それほど新機能や斬新なデザインの家電が次から次に登場中。いま、夏のボーナスシーズンを前に、各社の新商品がズラリ出揃った。男たちが思わず欲しくなるようなモノも多い。ジャンル別の目玉商品を探した――。

■暮らしが変わる高画質「4Kテレビ」に関心集中

 話題は「4K」一色だ。ビックカメラ有楽町店2階の売り場でも、お客の質問は大半がこれに集中。

「売れ筋の55インチで30万円を切っています。40インチなら20万円くらいからです」(同店ビジュアルコーナー・高田博明主任)

 ちなみに「4K」とはフルハイビジョン(約207万画素)の4倍の約829万画素の緻密な画素数で画面を見ることができるテレビのこと。クリアな画面で音もいい。迫力満点なのは言うまでもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事