4Kテレビに最新掃除機…「男の家電」は夏のボーナスでゲット

公開日: 更新日:

 家電がスゴイことになっている。半年間、量販店をのぞいていないと、あまりの進化のスピードに驚かされてしまう。それほど新機能や斬新なデザインの家電が次から次に登場中。いま、夏のボーナスシーズンを前に、各社の新商品がズラリ出揃った。男たちが思わず欲しくなるようなモノも多い。ジャンル別の目玉商品を探した――。

■暮らしが変わる高画質「4Kテレビ」に関心集中

 話題は「4K」一色だ。ビックカメラ有楽町店2階の売り場でも、お客の質問は大半がこれに集中。

「売れ筋の55インチで30万円を切っています。40インチなら20万円くらいからです」(同店ビジュアルコーナー・高田博明主任)

 ちなみに「4K」とはフルハイビジョン(約207万画素)の4倍の約829万画素の緻密な画素数で画面を見ることができるテレビのこと。クリアな画面で音もいい。迫力満点なのは言うまでもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  3. 3

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  8. 8

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  9. 9

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る