夏商戦低調で値崩れ進行中 「省エネ家電」は今が買い時

公開日:  更新日:

 この猛暑に、エアコンをほぼ24時間つけっ放しという家庭が多いが、気になるのが電気代だ。原油高や原発事故で、年間電気料金は7年前より2万円以上もアップ(4人家族)している。かといって節電して熱中症で病院行きでは元も子もない。

 そこで思い切ってエアコンの買い替えだ。10年前の旧式から省エネ新型に切り替えれば、たとえばダイキン・うるるとさららの旧機種との比較で、電気料金は24%も節約できる。しかも家電は価格が暴落中だから一挙両得である。

 ズバリいま買い時の省エネ家電は何か? 消費節約アドバイザーの和田由貴氏に教えてもらった。

「最新家電は待機電力が非常に少なく省エネ。自動で電源が切れて待機電力がかからないものも多く、長年使った家電を買い替えるのにはおすすめです。増税の影響を受け、夏の家電商戦は低調。おかげで値崩れが大きい。またボーナス時期も過ぎて、今は量販店で余裕をもって価格交渉もできる時です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る