夏商戦低調で値崩れ進行中 「省エネ家電」は今が買い時

公開日:  更新日:

 この猛暑に、エアコンをほぼ24時間つけっ放しという家庭が多いが、気になるのが電気代だ。原油高や原発事故で、年間電気料金は7年前より2万円以上もアップ(4人家族)している。かといって節電して熱中症で病院行きでは元も子もない。

 そこで思い切ってエアコンの買い替えだ。10年前の旧式から省エネ新型に切り替えれば、たとえばダイキン・うるるとさららの旧機種との比較で、電気料金は24%も節約できる。しかも家電は価格が暴落中だから一挙両得である。

 ズバリいま買い時の省エネ家電は何か? 消費節約アドバイザーの和田由貴氏に教えてもらった。

「最新家電は待機電力が非常に少なく省エネ。自動で電源が切れて待機電力がかからないものも多く、長年使った家電を買い替えるのにはおすすめです。増税の影響を受け、夏の家電商戦は低調。おかげで値崩れが大きい。またボーナス時期も過ぎて、今は量販店で余裕をもって価格交渉もできる時です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る