日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

夏商戦低調で値崩れ進行中 「省エネ家電」は今が買い時

 この猛暑に、エアコンをほぼ24時間つけっ放しという家庭が多いが、気になるのが電気代だ。原油高や原発事故で、年間電気料金は7年前より2万円以上もアップ(4人家族)している。かといって節電して熱中症で病院行きでは元も子もない。

 そこで思い切ってエアコンの買い替えだ。10年前の旧式から省エネ新型に切り替えれば、たとえばダイキン・うるるとさららの旧機種との比較で、電気料金は24%も節約できる。しかも家電は価格が暴落中だから一挙両得である。

 ズバリいま買い時の省エネ家電は何か? 消費節約アドバイザーの和田由貴氏に教えてもらった。

「最新家電は待機電力が非常に少なく省エネ。自動で電源が切れて待機電力がかからないものも多く、長年使った家電を買い替えるのにはおすすめです。増税の影響を受け、夏の家電商戦は低調。おかげで値崩れが大きい。またボーナス時期も過ぎて、今は量販店で余裕をもって価格交渉もできる時です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事