「男の香水」“仕事ができる男”をイメージさせる香りに需要あり

公開日: 更新日:

 体臭が気になる季節。ビジネスマンのたしなみとして香水を求める男性も増えている。常時約1300種を揃える「香水セレクト」(東京・自由が丘)の売れ筋は?

「1番目は、ル・ヴァンカー(ランセ・1万800円=税込み)です。かつて、ナポレオン皇帝に献上したフランソワ・ランセの香りを現代に通じる香りとして再現した逸品で、一言でいえば“働く男のセクシーさ”を感じさせる香り。シトラス系で、スーツに合う上品さとほのかな色気があります。比較的香りの継続時間が長いのも人気の理由のひとつでしょう」(店長・内海佐都紀さん)

 ランセはイタリアの老舗ブランドで、ル・ヴァンカーは征服者の意。高級せっけんの香りといえばイメージしやすいかもしれない。

「2番目は、オー・ド・フランス(ランセ・8640円=同)。フレッシュなグリーンやシトラス、イランイランが調和した男女兼用の香りです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  8. 8

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  9. 9

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  10. 10

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

もっと見る