• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「男の香水」“仕事ができる男”をイメージさせる香りに需要あり

 体臭が気になる季節。ビジネスマンのたしなみとして香水を求める男性も増えている。常時約1300種を揃える「香水セレクト」(東京・自由が丘)の売れ筋は?

「1番目は、ル・ヴァンカー(ランセ・1万800円=税込み)です。かつて、ナポレオン皇帝に献上したフランソワ・ランセの香りを現代に通じる香りとして再現した逸品で、一言でいえば“働く男のセクシーさ”を感じさせる香り。シトラス系で、スーツに合う上品さとほのかな色気があります。比較的香りの継続時間が長いのも人気の理由のひとつでしょう」(店長・内海佐都紀さん)

 ランセはイタリアの老舗ブランドで、ル・ヴァンカーは征服者の意。高級せっけんの香りといえばイメージしやすいかもしれない。

「2番目は、オー・ド・フランス(ランセ・8640円=同)。フレッシュなグリーンやシトラス、イランイランが調和した男女兼用の香りです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

もっと見る