「布団乾燥機」の人気は脱臭や除菌で空気清浄も兼ねるタイプ

公開日:  更新日:

 熱気や湿気がこもった布団は寝苦しい。カラッとした寝床環境や、ダニ退治に欠かせないのが布団乾燥機だ。

 ヨドバシカメラ新宿西口本店の売れ筋は?

「最も売れ筋の『DI-DD1S』(シャープ・1万5090円=税込み)は、シャープならではのプラズマクラスター乾燥機です。高濃度のプラズマクラスターイオンが空気を浄化・脱臭するので、クロゼット内や部屋干しの洗濯物の乾燥にも役立ち、付属の靴専用のアタッチメントで靴やブーツの乾燥もできます」(家電コンシェルジェの吉田拓さん)

 基本の布団乾燥機能は、付属のエアマットでしっかり乾燥と、ノズルを布団に入れるだけのお手軽乾燥が可能。

 脱臭・乾燥は60分、ダニ退治はマットで片面120分が基本だ。

「2番目は『HFK-VH500』(日立・1万1660円=同)です。特徴はスピード乾燥。ホースの先につける、前後、左右、上下に温風が送れる付属のアタッチメントによって、最速約38分で均一に乾燥できます。また、吸気フィルターでダニの死骸やアレル物質を吸着分解します」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る