• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

不妊治療は“時間とお金”の上限決めて「価値観」スリ合わせる

「子づくり医療」の現実は過酷だ。不妊治療問題に詳しい、生殖心理カウンセラーの平山史朗氏(東京HARTクリニック)は、「不妊をきっかけに“夫婦の価値観の違い”が明るみになる」と言う。

「子供が欲しいのは共通でも、不妊治療を続けているうちに、“何があっても欲しい妻”と“これ以上頑張らなくてもいい夫”など、根本的な考え方の違いがクリアになります。不妊治療は『妊娠を保証しない治療』であって、可能性は必ずしも高いとは言えない。そういったリスクを事前に医師から説明されることなく治療をされると、期待値だけが高まってしまう。

 また、精液検査で問題ないからといって不妊原因が女性にあるとは限らず、本当の不妊の原因は解明できないことも多いのです。そうした基礎的な知識を共有したうえで、おたがいに子供を望んでいることを確認し、そのために必要な治療にどのくらい時間やお金などのエネルギーを費やすのか、2人でよく話し合うことが大切です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る