断線で35万人影響 京浜東北線の停電が露呈した“都会の弱点”

公開日:  更新日:

「電線が切れただけなのにこれか……」

 京浜東北線の事故で、こう思った人もいるだろう。

 4日午後7時10分ごろ、横浜―桜木町駅間の「トロリ線」が断線し、3本の列車がストップ。このうち1本は自力で山手駅に入ったものの、2本は線路上に立ち往生した。列車にはそれぞれ1000~1500人が乗っていたとみられているが、被害に遭ったのはそれだけではなかった。東海道線と横須賀線なども止めたため、計約35万人に影響が出た。品川駅に大勢の乗客が滞留したのはそのせいだ。

「東海道線と横浜線の運行を見合わせたのは止まった列車のお客さまを車外に降ろしたからです。線路が並行して走っているため、列車にはねられないよう大事を取りました」(JR東日本広報部)

 当日はみなとみらい地区の花火大会で20万人の人出があり、車内は混雑気味だった。そこに送電ストップで冷房が作動しなくなったため、車内はかなり暑くなっていた。乗務員の制止を聞かずに乗客がドアを開けるトラブルもあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    広島1位・小園海斗の成長に一役…父語る400万円の秘密兵器

  10. 10

    歴史は繰り返す 「分断か共生か」の対立が招く3度目の大戦

もっと見る