断線で35万人影響 京浜東北線の停電が露呈した“都会の弱点”

公開日:  更新日:

「電線が切れただけなのにこれか……」

 京浜東北線の事故で、こう思った人もいるだろう。

 4日午後7時10分ごろ、横浜―桜木町駅間の「トロリ線」が断線し、3本の列車がストップ。このうち1本は自力で山手駅に入ったものの、2本は線路上に立ち往生した。列車にはそれぞれ1000~1500人が乗っていたとみられているが、被害に遭ったのはそれだけではなかった。東海道線と横須賀線なども止めたため、計約35万人に影響が出た。品川駅に大勢の乗客が滞留したのはそのせいだ。

「東海道線と横浜線の運行を見合わせたのは止まった列車のお客さまを車外に降ろしたからです。線路が並行して走っているため、列車にはねられないよう大事を取りました」(JR東日本広報部)

 当日はみなとみらい地区の花火大会で20万人の人出があり、車内は混雑気味だった。そこに送電ストップで冷房が作動しなくなったため、車内はかなり暑くなっていた。乗務員の制止を聞かずに乗客がドアを開けるトラブルもあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る