JR運転士ダウン 車内温度に注意「ドライバー熱中症」の危険性

公開日:  更新日:

 JR東海の男性運転士(28)が熱中症にかかり、運転を交代する騒ぎになった。

 25日、愛知県岡崎市のJR東海道線岡崎駅に停車していた新快速電車の運転士が突然、手のしびれを訴え、運転を交代した。5月には、同社の車掌(35)も熱中症にかかっている。

 冷房がかかった電車内で熱中症とは驚きだが、「車のドライバーも他人事ではない」と話すのは医学博士の左門新氏。クルマの中は要注意だ。

「車内の温度が24度以上だと、熱中症になる恐れがあります。冷房をかけていても決して、安全ではないのです。要注意なのは、車内が冷たいからと、冷房を切ってしまうことです。直射日光が当たれば、車内は数分で60度まで温度が上がることもある。注意しなければいけません」

 それでなくても、運転中は緊張を強いられ、座りっぱなしのため「エコノミー症候群」になりやすい。体調不良と重なると熱中症のリスクは当然、高まってしまう。ドライバーはどうすればいいのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  8. 8

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  9. 9

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る