未来へ踏み出す花火<福島県広野町>

公開日:  更新日:

 東日本大震災での原発事故により、原発から30キロ圏内のこの町は避難区域に指定され、翌2012年3月まで町民は避難を余儀なくされた。これ自体は知っている人もいるだろう。

 しかし同年8月11日、「鎮魂、そして再会 よみがえれ ふるさと」を合言葉に、犠牲者の鎮魂と原発事故からの復興を祈念する花火大会が行われたことを知っている人は少ないのではないか。

 1回目の12年の花火大会は、しとしと雨の降る中で開催された。打ち上がる花火は、亡くなった人を偲ぶように霞がかった夜空を彩った。多くはない来場者が数人ずつ固まって空を見上げていたのが印象的だった。

 あれから3年。今年は8月8日に開催。町外れの二ツ沼総合公園に移った会場では、小さな子供連れの家族や多くの若者が集まり、にぎわいを見せていた。おいしそうな香りがただよう屋台は、どこも盛況だ。軽快な語り口のDJが場を盛り上げ、あちこちから笑い声が聞こえてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    広島1位・小園海斗の成長に一役…父語る400万円の秘密兵器

  10. 10

    歴史は繰り返す 「分断か共生か」の対立が招く3度目の大戦

もっと見る