• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

未来へ踏み出す花火<福島県広野町>

 東日本大震災での原発事故により、原発から30キロ圏内のこの町は避難区域に指定され、翌2012年3月まで町民は避難を余儀なくされた。これ自体は知っている人もいるだろう。

 しかし同年8月11日、「鎮魂、そして再会 よみがえれ ふるさと」を合言葉に、犠牲者の鎮魂と原発事故からの復興を祈念する花火大会が行われたことを知っている人は少ないのではないか。

 1回目の12年の花火大会は、しとしと雨の降る中で開催された。打ち上がる花火は、亡くなった人を偲ぶように霞がかった夜空を彩った。多くはない来場者が数人ずつ固まって空を見上げていたのが印象的だった。

 あれから3年。今年は8月8日に開催。町外れの二ツ沼総合公園に移った会場では、小さな子供連れの家族や多くの若者が集まり、にぎわいを見せていた。おいしそうな香りがただよう屋台は、どこも盛況だ。軽快な語り口のDJが場を盛り上げ、あちこちから笑い声が聞こえてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る