「ザ・昭和」と「ザ・シチリア」を<六本木>

公開日:  更新日:

「六本木、ミッドタウンの裏側にシチリアバールをオープンさせます! 朝8時からですし、オープンテラスができそうなので、昼間っからワインが進んじゃうかも」

 長くお世話になっているイタリアンの女性オーナーから、酒好きの私の気持ちをがっちりつかむ便りが届いた。道行く人を眺めながら冷たいワインをクイッと飲むのは気持ちいいだろう。セミがミンミン鳴く中、出掛けることにした。

 六本木は、正直得意ではなかった。大型店がゴチャゴチャ並んでいて、落ち着かないイメージがあったからだ。しかし、駅周辺からちょっと離れれば、意外に庶民的な場所もあるんだな、と好印象を抱いたのは、1年ちょっと前に六本木をこの連載で歩いた時だ。その時は、六本木ヒルズを抜け、元麻布の中国大使館の近くまで行った。それまで続いていた豪邸とは一転、「ザ・昭和」といった感じの昔ながらの町並みがあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    広島1位・小園海斗の成長に一役…父語る400万円の秘密兵器

  10. 10

    歴史は繰り返す 「分断か共生か」の対立が招く3度目の大戦

もっと見る