「ザ・昭和」と「ザ・シチリア」を<六本木>

公開日:  更新日:

「六本木、ミッドタウンの裏側にシチリアバールをオープンさせます! 朝8時からですし、オープンテラスができそうなので、昼間っからワインが進んじゃうかも」

 長くお世話になっているイタリアンの女性オーナーから、酒好きの私の気持ちをがっちりつかむ便りが届いた。道行く人を眺めながら冷たいワインをクイッと飲むのは気持ちいいだろう。セミがミンミン鳴く中、出掛けることにした。

 六本木は、正直得意ではなかった。大型店がゴチャゴチャ並んでいて、落ち着かないイメージがあったからだ。しかし、駅周辺からちょっと離れれば、意外に庶民的な場所もあるんだな、と好印象を抱いたのは、1年ちょっと前に六本木をこの連載で歩いた時だ。その時は、六本木ヒルズを抜け、元麻布の中国大使館の近くまで行った。それまで続いていた豪邸とは一転、「ザ・昭和」といった感じの昔ながらの町並みがあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る