• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

川のほとりの茶屋にて<稲田堤>

 JR稲田堤駅から15分ほど歩いただろうか……、視界が急に開けた。多摩川沿いに着いたのだ。

「やってる、やってる」

 同行者が声を上げた。今回の目当ては、川沿いの昭和10年創業の茶屋「たぬきや」で飲むこと。一軒ポツンと立っているその店は、電話番号も住所も非公開なので、開いているかどうかは行かないとわからない。

「営業中」と書かれた赤いのぼりが開店の目印。京王相模原線の電車の窓から見ることもできるが、そのために京王線に乗っている時点で「たぬきや気分」満載なのだから、休業していた日にゃ、力が抜けてしまう。

 台風が通過し、一気に気温が「夏」になった休日の夕方。海の家風の茶屋はクーラーがないが、風が通り涼しい。畳の上に足を投げ出して座り、文庫本を熱心に読んでいるおじさん、酒で真っ赤になって盛り上がっている大学生風のグループ、焼きそばをつついているカップル。多摩川沿いにはサイクリングロードがあるので、サイクリングの途中に寄った風情の客も多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る