• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

川のほとりの茶屋にて<稲田堤>

 JR稲田堤駅から15分ほど歩いただろうか……、視界が急に開けた。多摩川沿いに着いたのだ。

「やってる、やってる」

 同行者が声を上げた。今回の目当ては、川沿いの昭和10年創業の茶屋「たぬきや」で飲むこと。一軒ポツンと立っているその店は、電話番号も住所も非公開なので、開いているかどうかは行かないとわからない。

「営業中」と書かれた赤いのぼりが開店の目印。京王相模原線の電車の窓から見ることもできるが、そのために京王線に乗っている時点で「たぬきや気分」満載なのだから、休業していた日にゃ、力が抜けてしまう。

 台風が通過し、一気に気温が「夏」になった休日の夕方。海の家風の茶屋はクーラーがないが、風が通り涼しい。畳の上に足を投げ出して座り、文庫本を熱心に読んでいるおじさん、酒で真っ赤になって盛り上がっている大学生風のグループ、焼きそばをつついているカップル。多摩川沿いにはサイクリングロードがあるので、サイクリングの途中に寄った風情の客も多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る