川のほとりの茶屋にて<稲田堤>

公開日: 更新日:

 JR稲田堤駅から15分ほど歩いただろうか……、視界が急に開けた。多摩川沿いに着いたのだ。

「やってる、やってる」

 同行者が声を上げた。今回の目当ては、川沿いの昭和10年創業の茶屋「たぬきや」で飲むこと。一軒ポツンと立っているその店は、電話番号も住所も非公開なので、開いているかどうかは行かないとわからない。

「営業中」と書かれた赤いのぼりが開店の目印。京王相模原線の電車の窓から見ることもできるが、そのために京王線に乗っている時点で「たぬきや気分」満載なのだから、休業していた日にゃ、力が抜けてしまう。

 台風が通過し、一気に気温が「夏」になった休日の夕方。海の家風の茶屋はクーラーがないが、風が通り涼しい。畳の上に足を投げ出して座り、文庫本を熱心に読んでいるおじさん、酒で真っ赤になって盛り上がっている大学生風のグループ、焼きそばをつついているカップル。多摩川沿いにはサイクリングロードがあるので、サイクリングの途中に寄った風情の客も多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  2. 2

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  7. 7

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    レアルが格下に惜敗…名門の“赤っ恥”は久保にプラスのナゼ

  10. 10

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

もっと見る