リュックよりも…専門家が薦める「本当に必要な防災グッズ」

公開日: 更新日:

 大正12年に関東大震災が発生した9月1日は、「防災の日」と定められている。火山列島の日本は、残念ながら地震から逃れようがない。東日本大震災から4年半。改めて災害への備えを調べてみた――。

 震災を経験して、家にある防災袋の中身が意外と使えないことに気づいた人も多かったのではないか。災害危機管理アドバイザーの和田隆昌氏が言う。

「災害に備えて用意すべきなのは、『避難袋』と『備蓄品』の2つの目的を満たすものです。避難袋は、避難場所まで安全にたどり着くこと、避難場所で心身を休めることができることを目的にしたもの。備蓄品は電気・ガスなどのインフラが途絶えた状況で、何らかのサポートがあるまでの1週間程度を過ごすためのものです。つまり、持ち出すものと家に常備しておくものは、明確に違うのです」

 そこで、本当に必要なもののリストを教えてもらった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  7. 7

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  8. 8

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  9. 9

    巨人小林3カ月ぶり一軍 原監督はトレードする気があるのか

  10. 10

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

もっと見る