リュックよりも…専門家が薦める「本当に必要な防災グッズ」

公開日: 更新日:

 大正12年に関東大震災が発生した9月1日は、「防災の日」と定められている。火山列島の日本は、残念ながら地震から逃れようがない。東日本大震災から4年半。改めて災害への備えを調べてみた――。

 震災を経験して、家にある防災袋の中身が意外と使えないことに気づいた人も多かったのではないか。災害危機管理アドバイザーの和田隆昌氏が言う。

「災害に備えて用意すべきなのは、『避難袋』と『備蓄品』の2つの目的を満たすものです。避難袋は、避難場所まで安全にたどり着くこと、避難場所で心身を休めることができることを目的にしたもの。備蓄品は電気・ガスなどのインフラが途絶えた状況で、何らかのサポートがあるまでの1週間程度を過ごすためのものです。つまり、持ち出すものと家に常備しておくものは、明確に違うのです」

 そこで、本当に必要なもののリストを教えてもらった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  2. 2

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

  3. 3

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  4. 4

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  5. 5

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  6. 6

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  7. 7

    マネジャー20人交代…友近に浮上したパワハラ疑惑の行方

  8. 8

    天皇陛下以外が過去の戦争に反省の言葉を発しなかった理由

  9. 9

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  10. 10

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る