• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リュックよりも…専門家が薦める「本当に必要な防災グッズ」

 大正12年に関東大震災が発生した9月1日は、「防災の日」と定められている。火山列島の日本は、残念ながら地震から逃れようがない。東日本大震災から4年半。改めて災害への備えを調べてみた――。

 震災を経験して、家にある防災袋の中身が意外と使えないことに気づいた人も多かったのではないか。災害危機管理アドバイザーの和田隆昌氏が言う。

「災害に備えて用意すべきなのは、『避難袋』と『備蓄品』の2つの目的を満たすものです。避難袋は、避難場所まで安全にたどり着くこと、避難場所で心身を休めることができることを目的にしたもの。備蓄品は電気・ガスなどのインフラが途絶えた状況で、何らかのサポートがあるまでの1週間程度を過ごすためのものです。つまり、持ち出すものと家に常備しておくものは、明確に違うのです」

 そこで、本当に必要なもののリストを教えてもらった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る