• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

佐藤製薬「ユンケル」の出発点は意外にも錠剤タイプだった

 そろそろ夏の疲れが出るころ。「疲れにユンケル」の出番である。「ユンケル黄帝液」(第2類医薬品)でおなじみ、佐藤製薬の「ユンケル」シリーズは、生薬の特性を生かした滋養強壮ドリンク剤だ。現在は37種類を展開。疲れやライフシーンに合わせて選べるラインアップは大きな強みだ。

「日本で使われる生薬は何百種類もある。それぞれの薬理効果を化学的に検証し、ターゲットとなる疲れに合わせて最も効果的と思われるバランスで組み合わせている」(広報部広報課の下地愛美氏)

「ユンケル」は1956年、ホルモンやビタミン、ミネラルを配合した強壮剤として誕生した。当初は錠剤タイプ。「強くなるクスリ」をキャッチコピーに、働き盛りの男性に向けて売り出したのがはじまりだ。ドリンク剤の登場はそれから11年後のこと。より即効性を求めるニーズが高まったことから生薬の研究に力を注ぎ、効き目の高いドリンク剤「ユンケル黄帝液」を開発。67年に発売した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る