佐藤製薬「ユンケル」の出発点は意外にも錠剤タイプだった

公開日:  更新日:

 そろそろ夏の疲れが出るころ。「疲れにユンケル」の出番である。「ユンケル黄帝液」(第2類医薬品)でおなじみ、佐藤製薬の「ユンケル」シリーズは、生薬の特性を生かした滋養強壮ドリンク剤だ。現在は37種類を展開。疲れやライフシーンに合わせて選べるラインアップは大きな強みだ。

「日本で使われる生薬は何百種類もある。それぞれの薬理効果を化学的に検証し、ターゲットとなる疲れに合わせて最も効果的と思われるバランスで組み合わせている」(広報部広報課の下地愛美氏)

「ユンケル」は1956年、ホルモンやビタミン、ミネラルを配合した強壮剤として誕生した。当初は錠剤タイプ。「強くなるクスリ」をキャッチコピーに、働き盛りの男性に向けて売り出したのがはじまりだ。ドリンク剤の登場はそれから11年後のこと。より即効性を求めるニーズが高まったことから生薬の研究に力を注ぎ、効き目の高いドリンク剤「ユンケル黄帝液」を開発。67年に発売した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る