佐藤製薬「ユンケル」の出発点は意外にも錠剤タイプだった

公開日:  更新日:

 そろそろ夏の疲れが出るころ。「疲れにユンケル」の出番である。「ユンケル黄帝液」(第2類医薬品)でおなじみ、佐藤製薬の「ユンケル」シリーズは、生薬の特性を生かした滋養強壮ドリンク剤だ。現在は37種類を展開。疲れやライフシーンに合わせて選べるラインアップは大きな強みだ。

「日本で使われる生薬は何百種類もある。それぞれの薬理効果を化学的に検証し、ターゲットとなる疲れに合わせて最も効果的と思われるバランスで組み合わせている」(広報部広報課の下地愛美氏)

「ユンケル」は1956年、ホルモンやビタミン、ミネラルを配合した強壮剤として誕生した。当初は錠剤タイプ。「強くなるクスリ」をキャッチコピーに、働き盛りの男性に向けて売り出したのがはじまりだ。ドリンク剤の登場はそれから11年後のこと。より即効性を求めるニーズが高まったことから生薬の研究に力を注ぎ、効き目の高いドリンク剤「ユンケル黄帝液」を開発。67年に発売した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

もっと見る