専門家アドバイス 安心できる「バリアフリー温泉」の見分け方

公開日: 更新日:

 10年後の2025年、日本は全人口の2割弱が75歳以上という超高齢化社会に突入する。消費者の高齢化に備えようという動きも活発だが、観光業では「バリアフリー温泉」という言葉が注目されている。生みの親であるジャーナリストの山崎まゆみ氏に聞いた。

「バリアフリー温泉とは、ひとことで言うと“車イスの方や要介護の方でも安心して泊まれる温泉宿”のこと。単にバリアフリー設備が整っているだけでは十分ではありません」

 山崎氏は温泉巡りを得意とするジャーナリストで、2012年から健康情報誌「はつらつ元気」(芸文社)で“足腰の弱った両親を連れていきたい温泉宿”を紹介する「親孝行温泉」を連載。取材する上で気づいたのが、温泉宿でのバリアフリー対策の問題点だ。

「同じマヒでも右マヒと左マヒの人では障壁になるもの、すなわちバリアが全く違う。実際、バリアフリーというから泊まりに来たのに、その人にとってのバリアは解消されていなくてトラブルになるケースが多いんです。必要なのは、どんなバリアがあるかという情報。そして、体の不自由な人を“受け入れたい”という宿側の気持ちだと思い至りました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  2. 2
    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  5. 5
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

もっと見る

  1. 6
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 7
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  3. 8
    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

  4. 9
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  5. 10
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった