専門家アドバイス 安心できる「バリアフリー温泉」の見分け方

公開日: 更新日:

 10年後の2025年、日本は全人口の2割弱が75歳以上という超高齢化社会に突入する。消費者の高齢化に備えようという動きも活発だが、観光業では「バリアフリー温泉」という言葉が注目されている。生みの親であるジャーナリストの山崎まゆみ氏に聞いた。

「バリアフリー温泉とは、ひとことで言うと“車イスの方や要介護の方でも安心して泊まれる温泉宿”のこと。単にバリアフリー設備が整っているだけでは十分ではありません」

 山崎氏は温泉巡りを得意とするジャーナリストで、2012年から健康情報誌「はつらつ元気」(芸文社)で“足腰の弱った両親を連れていきたい温泉宿”を紹介する「親孝行温泉」を連載。取材する上で気づいたのが、温泉宿でのバリアフリー対策の問題点だ。

「同じマヒでも右マヒと左マヒの人では障壁になるもの、すなわちバリアが全く違う。実際、バリアフリーというから泊まりに来たのに、その人にとってのバリアは解消されていなくてトラブルになるケースが多いんです。必要なのは、どんなバリアがあるかという情報。そして、体の不自由な人を“受け入れたい”という宿側の気持ちだと思い至りました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  2. 2

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  3. 3

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  4. 4

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  5. 5

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  6. 6

    「ぎぼむす」vs「奥様は、」綾瀬はるか次回作の熾烈争奪戦

  7. 7

    「Heaven?」好発進は“PR効果”?石原さとみに訪れた正念場

  8. 8

    NHKとテレ東は参院選開票特番「もう、やめたい」が本音

  9. 9

    コンビでカビ臭い部屋に住む宮下草薙 私生活は「真逆」

  10. 10

    「輸出規制」で本当に困るのは韓国ではなく日本だ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る