専門家アドバイス 安心できる「バリアフリー温泉」の見分け方

公開日: 更新日:

 10年後の2025年、日本は全人口の2割弱が75歳以上という超高齢化社会に突入する。消費者の高齢化に備えようという動きも活発だが、観光業では「バリアフリー温泉」という言葉が注目されている。生みの親であるジャーナリストの山崎まゆみ氏に聞いた。

「バリアフリー温泉とは、ひとことで言うと“車イスの方や要介護の方でも安心して泊まれる温泉宿”のこと。単にバリアフリー設備が整っているだけでは十分ではありません」

 山崎氏は温泉巡りを得意とするジャーナリストで、2012年から健康情報誌「はつらつ元気」(芸文社)で“足腰の弱った両親を連れていきたい温泉宿”を紹介する「親孝行温泉」を連載。取材する上で気づいたのが、温泉宿でのバリアフリー対策の問題点だ。

「同じマヒでも右マヒと左マヒの人では障壁になるもの、すなわちバリアが全く違う。実際、バリアフリーというから泊まりに来たのに、その人にとってのバリアは解消されていなくてトラブルになるケースが多いんです。必要なのは、どんなバリアがあるかという情報。そして、体の不自由な人を“受け入れたい”という宿側の気持ちだと思い至りました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  7. 7

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  8. 8

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    銚子電鉄 袖山里穂さん<前>アイドル車掌は会社をどう見る

もっと見る