急な寒暖差と5連休で増加 ビジネスマンは「9月うつ」が危ない

公開日:  更新日:

 内閣府の調査によれば、2学期を迎える9月1日は、18歳以下の子どもの自殺が年間通して最も多い日である。

 気を付けるべきはサラリーマンも同じ。9月は要注意の月なのだ。特に、猛暑明けの急激な温度変化は危ない。気温差と体の影響について、精神科医の奥田弘美氏は「気温が5度変わると、体は体温や血圧を一定に保とうとします。自律神経が乱れ、精神的な疲れが出る」と日刊ゲンダイで話していた。

 実際、夏休み明け9~10月にかけての自殺者は年間通して2番目に多くなっている(内閣府自殺対策推進室資料)。昨年度は年率換算した自殺死亡率のトップは9月だった。特に、今年は夏の寒暖差が激しかった。8月の上旬は、35度を超える猛暑日が過去最長の「8日連続」を記録。それが下旬になると、一気に10月中旬並みの涼しさに。25日以降は秋雨前線が停滞し、最高気温25度以下の日が続いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る