急な寒暖差と5連休で増加 ビジネスマンは「9月うつ」が危ない

公開日: 更新日:

 内閣府の調査によれば、2学期を迎える9月1日は、18歳以下の子どもの自殺が年間通して最も多い日である。

 気を付けるべきはサラリーマンも同じ。9月は要注意の月なのだ。特に、猛暑明けの急激な温度変化は危ない。気温差と体の影響について、精神科医の奥田弘美氏は「気温が5度変わると、体は体温や血圧を一定に保とうとします。自律神経が乱れ、精神的な疲れが出る」と日刊ゲンダイで話していた。

 実際、夏休み明け9~10月にかけての自殺者は年間通して2番目に多くなっている(内閣府自殺対策推進室資料)。昨年度は年率換算した自殺死亡率のトップは9月だった。特に、今年は夏の寒暖差が激しかった。8月の上旬は、35度を超える猛暑日が過去最長の「8日連続」を記録。それが下旬になると、一気に10月中旬並みの涼しさに。25日以降は秋雨前線が停滞し、最高気温25度以下の日が続いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  2. 2

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  3. 3

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  4. 4

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  5. 5

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  6. 6

    「ぎぼむす」vs「奥様は、」綾瀬はるか次回作の熾烈争奪戦

  7. 7

    「Heaven?」好発進は“PR効果”?石原さとみに訪れた正念場

  8. 8

    NHKとテレ東は参院選開票特番「もう、やめたい」が本音

  9. 9

    コンビでカビ臭い部屋に住む宮下草薙 私生活は「真逆」

  10. 10

    「輸出規制」で本当に困るのは韓国ではなく日本だ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る