いまや40代で“感染”も…早熟「老害社員」5つの典型行動

公開日: 更新日:

 老害――。一般的には頑固でわがまま、周囲の住人に迷惑をかけるような困った老人のことだ。これが社内にいると厄介。以前は“先が見えた”50代社員に多かったが、いまや40歳そこそこの老害社員が出始めている。彼らは組織に悪影響を振りまく。その言動・行動には共通項があって――。

 サラリーマン経験がある、人事コンサルタントの本田有明氏に、彼らの典型行動を挙げてもらった。このうち少なくとも3つ当てはまれば、40歳でも立派な老害社員だ。

(1)社内評論家

「会社の方針だとか、上役の話などにやたら詳しくて、それを後輩たちに吹聴します。しかも、『オレが部長だったらさぁ』などと自説を一席ぶったりする人も多い。そのくせ、だったら自分で何か行動を起こすかというと、それはしない。言うだけです」

 先輩をつかまえて“あの人はダメだよ”などと、本人がいないところでは平気でけなす。批判精神は旺盛だが、「代わりに私にやらせてください」の言葉は聞いたためしがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  2. 2

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  6. 6

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  9. 9

    巨人50勝一番乗り&リーグ貯金独り占めで「CS不要論」再燃

  10. 10

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る