医者任せで悲惨な最期も…彼岸こそ考えたい「理想の死に方」

公開日:  更新日:

 大往生でなくていいけど、自分らしく旅立ちたい――。お彼岸に故人をしのびつつ、自分の最期についてそんなふうにイメージしている人は少なくないだろう。が、これからの世の中、最期まで格差がついて回り、周到に準備しておかないと理想的な最期は迎えられないという。「『死に方』格差社会」(SB新書)の著者で、医師の富家孝氏に聞いた。

「約650万人の団塊世代は10年後2025年、75歳になり始め、後期高齢者に突入します。死がチラつく年代です。そのころ、いま40兆円の医療費は1・5倍の60兆円に膨らむと試算されています。このままでは、医療行政がパンクするのは明らかで、政府が打ち出したのが、終末医療を自宅で行う方針。現在、8割の人が病院で亡くなっているのですが、今後自宅になる。リハビリや寝たきりなどで入院する療養病床は現在の36万床から半減させる見込みで、入院できない人があふれるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る