医者任せで悲惨な最期も…彼岸こそ考えたい「理想の死に方」

公開日:  更新日:

 大往生でなくていいけど、自分らしく旅立ちたい――。お彼岸に故人をしのびつつ、自分の最期についてそんなふうにイメージしている人は少なくないだろう。が、これからの世の中、最期まで格差がついて回り、周到に準備しておかないと理想的な最期は迎えられないという。「『死に方』格差社会」(SB新書)の著者で、医師の富家孝氏に聞いた。

「約650万人の団塊世代は10年後2025年、75歳になり始め、後期高齢者に突入します。死がチラつく年代です。そのころ、いま40兆円の医療費は1・5倍の60兆円に膨らむと試算されています。このままでは、医療行政がパンクするのは明らかで、政府が打ち出したのが、終末医療を自宅で行う方針。現在、8割の人が病院で亡くなっているのですが、今後自宅になる。リハビリや寝たきりなどで入院する療養病床は現在の36万床から半減させる見込みで、入院できない人があふれるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る