全国に30人 臨終までプロデュースする「看取り士」とは?

公開日:  更新日:

「まだ死にたくないのです。人一倍、健康を気遣ってきたつもりなのに……」

 がんで余命告知された男性が、自宅のベッドの上でこうつぶやく。その傍らで、やさしくうなずくのが、看取り士で「なごみの里」(岡山市)代表の柴田久美子さん(61=吉備国際大短期大学部非常勤講師)だ。

 看取り士とは、余命宣告から臨終までをお世話する終末期介護の新たな職業。人の〈死〉という最期の晴れ舞台のプロデュース業である。

「がんなどで余命宣告された人で、納得して死んでいかれるのは1割ほど。ほとんどの人が怒りをぶつけます。しかし、回復の見込みがない以上、思い通りの旅立ちをしてもらいたい。それをサポートするのが、我々の仕事です。誤解してほしくないのは、これは一切宗教と関係ないということ。お世話中も宗教的な話はしません」(柴田さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る