高級施設で転落死 「危ない老人ホーム」見分けるポイント5つ

公開日:  更新日:

 入居していた86~96歳の高齢者3人が連続して転落死した川崎の老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」。この施設では今年3月にも83歳の男性入居者が浴槽内で死亡。さらに、認知症の女性(85)に対し、男性職員が「死ねや!」と殴っていたことが発覚した。

 これまでも、介護施設内の虐待事件や死亡事故は数えきれないくらい明るみに出ている。今回、ショッキングだったのは、Sアミーユ川崎幸町の入居料が月額22万円と“高級老人ホーム”だったことだ。

「老人ホームは“高いお金を払ったから安心”ではありません。介護の質と入居料金の高い低いは関係ないことがほとんど。自分の目で確かめるしかありません」

 こう言うのは、介護施設の経営経験があり、「崩壊する介護現場」の著書があるジャーナリスト中村淳彦氏だ。「危ない施設の見分け方」を聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る