ハライチ沢部佑がハマった中華料理店「好好」の絶品和えそば

公開日: 更新日:

 五反田のグルメに詳しいお笑いコンビ“ハライチ”の沢部佑(29)。家族とよく足を運んでいるのが中華料理店の「好好」だ。

 場所はJR五反田駅または東急目黒線不動前駅から10分ほど歩いた、山手通り沿い。駅からのアクセスはいいとはいえないが、わざわざ通うリピーターは数多く、沢部のほかにも芸能界の常連は多い。

 店は庶民的な大衆中華といった雰囲気だが、料理は徹底した“本物志向”。

「日本に渡った中華料理は日本流にアレンジされたものがほとんど」と話すのは台湾出身のオーナー、鍾飛彪さん。だからこそ、あえて中国の伝統の味を大切にしているという。

「例えば、日本で人気の担々麺も中国では“汁なし”が普通です。お酒でも、私たちは紹興酒を飲むときには、ザラメを入れません。あえて私たちが子どもの頃から親しんできた味を大切にすることで、日本の皆さんに本当の中華料理を楽しんでいただければと思っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る