• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ハライチ沢部佑がハマった中華料理店「好好」の絶品和えそば

 五反田のグルメに詳しいお笑いコンビ“ハライチ”の沢部佑(29)。家族とよく足を運んでいるのが中華料理店の「好好」だ。

 場所はJR五反田駅または東急目黒線不動前駅から10分ほど歩いた、山手通り沿い。駅からのアクセスはいいとはいえないが、わざわざ通うリピーターは数多く、沢部のほかにも芸能界の常連は多い。

 店は庶民的な大衆中華といった雰囲気だが、料理は徹底した“本物志向”。

「日本に渡った中華料理は日本流にアレンジされたものがほとんど」と話すのは台湾出身のオーナー、鍾飛彪さん。だからこそ、あえて中国の伝統の味を大切にしているという。

「例えば、日本で人気の担々麺も中国では“汁なし”が普通です。お酒でも、私たちは紹興酒を飲むときには、ザラメを入れません。あえて私たちが子どもの頃から親しんできた味を大切にすることで、日本の皆さんに本当の中華料理を楽しんでいただければと思っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る