「対象外」と思い込み…保険金請求を忘れがちな手術一覧

公開日:  更新日:

 医療保険の加入件数は過去最大級で増え続けている。ところが、せっかく多額の保険料を毎月支払いながらも、取りっぱぐれているケースが多い。
 請求すれば、生保から保険金が出るのに「この程度の治療では、保険は下りない」と勝手に思い込み、請求していないのだ。これほどの損はない。

 表を見てほしい。請求すると保険対象になる可能性がある手術や治療だ。生命保険会社や関連機関に寄せられた相談やトラブルをもとに、独自に作成したので参考にしてほしい。

 がんなど深刻な手術の場合は、保険金請求を怠る人はいないだろう。だが、日帰り手術や、治療費が数万円で済むと、加入していた保険のことなど思い出さず、請求しないケースが多いのだ。生保営業マンの定期訪問の際、世間話から給付対象手術を受けていたことがわかり、ハッと気づくのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る