新入社員には必要なし 「生命保険」は“損な賭け”と専門家解説

公開日:  更新日:

「社会人なんですから最低2000万円の保障は必要だと思いますよ」

「イザという時のために医療保険も入ると安心です……」

 新人諸君がようやく職場に慣れ始めるこの時期、多くの企業に保険会社のおばちゃんたちが勧誘にやってくる。冒頭のセリフは彼女たちの常套句だ。いきなり名刺を渡された新人クンたちは、ちょっと大人扱いされた気分になって契約する人が多い。

 が、ちょっと待った!生命保険は、“一生のうちで家の次に高い買い物”ともいわれる。そんなに簡単に加入を決めていいのだろうか? 経済ジャーナリストの荻原博子氏が言う。

「新入社員はもちろん、独身の若い方に生命保険はほとんどいらないと思いますよ。私なら加入しません。たとえば、死亡保障。死んだ時に保険金がもらえる保険ですが、保険会社の人は『イザというときのため』と言うけど、死んだら自分は使えないんですよ。自分が死んで親が食っていけなくなるような人は話は別ですが、普通の人は考えなくていいでしょう。そもそも、若い世代のがんの死亡率と自殺率、どっちが高いと思います? 後者が数倍高いんです。20万円前後の給料から毎月1万円の保険料を払うなら、その分お金を貯めてストレスがたまったら温泉や海外旅行で発散した方が健康的だと思いますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る