新入社員には必要なし 「生命保険」は“損な賭け”と専門家解説

公開日:  更新日:

「社会人なんですから最低2000万円の保障は必要だと思いますよ」

「イザという時のために医療保険も入ると安心です……」

 新人諸君がようやく職場に慣れ始めるこの時期、多くの企業に保険会社のおばちゃんたちが勧誘にやってくる。冒頭のセリフは彼女たちの常套句だ。いきなり名刺を渡された新人クンたちは、ちょっと大人扱いされた気分になって契約する人が多い。

 が、ちょっと待った!生命保険は、“一生のうちで家の次に高い買い物”ともいわれる。そんなに簡単に加入を決めていいのだろうか? 経済ジャーナリストの荻原博子氏が言う。

「新入社員はもちろん、独身の若い方に生命保険はほとんどいらないと思いますよ。私なら加入しません。たとえば、死亡保障。死んだ時に保険金がもらえる保険ですが、保険会社の人は『イザというときのため』と言うけど、死んだら自分は使えないんですよ。自分が死んで親が食っていけなくなるような人は話は別ですが、普通の人は考えなくていいでしょう。そもそも、若い世代のがんの死亡率と自殺率、どっちが高いと思います? 後者が数倍高いんです。20万円前後の給料から毎月1万円の保険料を払うなら、その分お金を貯めてストレスがたまったら温泉や海外旅行で発散した方が健康的だと思いますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る