• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

観光客訪問は人口の20倍 長崎離島「小値賀島」 の満足度

 全国的に海外観光客の取り込み合戦が続く中、注目を集める自治体がある。長崎県佐世保市から西へ60キロ、五島列島の北部にある、人口わずか2622人の小値賀島だ。いち早く国際交流に取り組み、米国高校生の国際修学旅行(PTP)の満足度評価で2年連続世界一を獲得(07、08年度)。以来、国内外から観光客が押し寄せている。何がすごいのか。

「小値賀の人はみんな人懐っこいというか、フレンドリーで、見慣れない観光客を見かけると、『どこから来たの?』『海に行くなら、あそこで泳いでごらん』とすぐ話し掛けます。それで、話が弾むと、『旅館に素泊まりなら、晩ごはんはウチにおいでよ』と観光客を招待したりする。国内外を問わず観光客にとっては、そういう人と人との生の触れ合いが喜ばれるのかもしれません」(小値賀町観光課)

 滝川クリステルが東京五輪の招致スピーチで思い入れたっぷりに語ったことで、「OMOTENASHI」は今や世界の共通語に。しかし、かつては日本のあちこちで、おもてなし文化は根づいていた。この島がすごいのは、すべての島民がそうやって観光客に接することだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る