• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

幸福度決まる「遺伝子変異」 保有率なぜ赤道周辺国が高い

 幸福にはDNAが作用している――。こんな研究結果が話題を呼んでいる。論文を発表したのは専門誌「Journal of Happiness Studies」。ある特定の遺伝子変異を持つ人が多い国では、「幸福である」と答える人の数が多いことがわかったという。

「幸福度」が最も高かったのはメキシコで、「遺伝子変異」の保有率も最も高かった。同様な傾向があるのはガーナ、ナイジェリア、コロンビア、ベネズエラ、エクアドルなど。一方、「遺伝子変異」の保有割合が低かったのはヨルダン、香港、中国、タイ、台湾で、「幸福感」も最も低かったという。

 遺伝子変異の保有率が高い国は赤道沿いや熱帯地域が多く、どうやら“進化”が関係しているらしい。研究者のひとりで、ブルガリアのミハイル・ミンコフ氏は「(熱帯地域などの)高ストレスな環境では、それに対処するための遺伝子が必要」だったと、その理由を説明している。脳神経内科が専門の医学博士・米山公啓氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  6. 6

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  7. 7

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

  8. 8

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る