幸福度決まる「遺伝子変異」 保有率なぜ赤道周辺国が高い

公開日:  更新日:

 幸福にはDNAが作用している――。こんな研究結果が話題を呼んでいる。論文を発表したのは専門誌「Journal of Happiness Studies」。ある特定の遺伝子変異を持つ人が多い国では、「幸福である」と答える人の数が多いことがわかったという。

「幸福度」が最も高かったのはメキシコで、「遺伝子変異」の保有率も最も高かった。同様な傾向があるのはガーナ、ナイジェリア、コロンビア、ベネズエラ、エクアドルなど。一方、「遺伝子変異」の保有割合が低かったのはヨルダン、香港、中国、タイ、台湾で、「幸福感」も最も低かったという。

 遺伝子変異の保有率が高い国は赤道沿いや熱帯地域が多く、どうやら“進化”が関係しているらしい。研究者のひとりで、ブルガリアのミハイル・ミンコフ氏は「(熱帯地域などの)高ストレスな環境では、それに対処するための遺伝子が必要」だったと、その理由を説明している。脳神経内科が専門の医学博士・米山公啓氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る