幸福度決まる「遺伝子変異」 保有率なぜ赤道周辺国が高い

公開日: 更新日:

 幸福にはDNAが作用している――。こんな研究結果が話題を呼んでいる。論文を発表したのは専門誌「Journal of Happiness Studies」。ある特定の遺伝子変異を持つ人が多い国では、「幸福である」と答える人の数が多いことがわかったという。

「幸福度」が最も高かったのはメキシコで、「遺伝子変異」の保有率も最も高かった。同様な傾向があるのはガーナ、ナイジェリア、コロンビア、ベネズエラ、エクアドルなど。一方、「遺伝子変異」の保有割合が低かったのはヨルダン、香港、中国、タイ、台湾で、「幸福感」も最も低かったという。

 遺伝子変異の保有率が高い国は赤道沿いや熱帯地域が多く、どうやら“進化”が関係しているらしい。研究者のひとりで、ブルガリアのミハイル・ミンコフ氏は「(熱帯地域などの)高ストレスな環境では、それに対処するための遺伝子が必要」だったと、その理由を説明している。脳神経内科が専門の医学博士・米山公啓氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  2. 2

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  7. 7

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  10. 10

    NHK朝ドラ歴代ヒロイン演じた女優たちは今どうしている?

もっと見る