幸福度決まる「遺伝子変異」 保有率なぜ赤道周辺国が高い

公開日: 更新日:

 幸福にはDNAが作用している――。こんな研究結果が話題を呼んでいる。論文を発表したのは専門誌「Journal of Happiness Studies」。ある特定の遺伝子変異を持つ人が多い国では、「幸福である」と答える人の数が多いことがわかったという。

「幸福度」が最も高かったのはメキシコで、「遺伝子変異」の保有率も最も高かった。同様な傾向があるのはガーナ、ナイジェリア、コロンビア、ベネズエラ、エクアドルなど。一方、「遺伝子変異」の保有割合が低かったのはヨルダン、香港、中国、タイ、台湾で、「幸福感」も最も低かったという。

 遺伝子変異の保有率が高い国は赤道沿いや熱帯地域が多く、どうやら“進化”が関係しているらしい。研究者のひとりで、ブルガリアのミハイル・ミンコフ氏は「(熱帯地域などの)高ストレスな環境では、それに対処するための遺伝子が必要」だったと、その理由を説明している。脳神経内科が専門の医学博士・米山公啓氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    美馬がロッテ決断 巨人FA争奪戦初敗北で問われる補強姿勢

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る