大沢vs喜多嶋で注目…日本の“ニセ親子”どれだけいる?

公開日:  更新日:

 大沢樹生(46)と元息子(18)の親子関係が司法の場で否定されたことで、世の多くの子を持つ男性も他人事ではないと考えたに違いない。日本には現在、どれくらいの「ニセ親子」が存在するのか。

■“親子確認”は年間約2000件

 実際に出産する女性と違って、男性は子が自分の遺伝子を引き継いでいるのか100%の確証を持てない。大沢樹生さんのケースでは、元妻の喜多嶋舞さん(43)は「父親は大沢さんです」と言い張っている。フツーの家庭の男性は妻のその言葉を信じるしかない。

 しかし、家庭裁判所に「親子関係不存在確認調停」を申し出た件数は、実に年間2000件前後(表参照)に達する。

「長年一緒に暮らし、情もわいている息子や娘を『わが子ではない』と裁判に訴えるからには、よほどのことがあったと推測できます。したがって裁判になるのは氷山の一角と考えていい。実の親子ではないと知りつつ、あるいは疑いながらも、子供の成長を願ってそのまま家庭生活を営んでいる男性も多い」(離婚に詳しい行政書士の露木幸彦氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る