大沢vs喜多嶋で注目…日本の“ニセ親子”どれだけいる?

公開日: 更新日:

 大沢樹生(46)と元息子(18)の親子関係が司法の場で否定されたことで、世の多くの子を持つ男性も他人事ではないと考えたに違いない。日本には現在、どれくらいの「ニセ親子」が存在するのか。

■“親子確認”は年間約2000件

 実際に出産する女性と違って、男性は子が自分の遺伝子を引き継いでいるのか100%の確証を持てない。大沢樹生さんのケースでは、元妻の喜多嶋舞さん(43)は「父親は大沢さんです」と言い張っている。フツーの家庭の男性は妻のその言葉を信じるしかない。

 しかし、家庭裁判所に「親子関係不存在確認調停」を申し出た件数は、実に年間2000件前後(表参照)に達する。

「長年一緒に暮らし、情もわいている息子や娘を『わが子ではない』と裁判に訴えるからには、よほどのことがあったと推測できます。したがって裁判になるのは氷山の一角と考えていい。実の親子ではないと知りつつ、あるいは疑いながらも、子供の成長を願ってそのまま家庭生活を営んでいる男性も多い」(離婚に詳しい行政書士の露木幸彦氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

もっと見る