• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

NYで話題 老化遅らせる「不老薬」大規模実験は実現するか

 年が明けると、アメリカでは戦後生まれのベビーブーマーがついに70代に突入、2050年までに65歳以上の人口は現在の2倍になる予測があります。そんなおり、テレビで放送されて話題になったのが「不老薬の開発ドキュメンタリー」でした。

 高齢者が増えると若い世代への負担が増大、経済は減速、医療保険制度も崩壊──というネガティブな予測ばかりが世の中を賑わしていますが、「では年を取っても元気なままならどうだろう?」というのが、今回取り上げられた不老の研究者たちの持つ仮説です。

 加齢に伴って起こる心臓疾患や糖尿病などの成人病、がんやアルツハイマー病などを防げれば、高齢者の毎日はずっと健康で幸せなものになる。医療費も減り、経済もより活性化する。言われてみればその通りですが、ではどうやって実現するのか?

 研究者の答えは、「年齢とともに起こる老化そのものを遅らせること」。老化を止めることはできなくても、進行が遅くなりさえすれば、病気も減るという論理です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る