シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

NYで話題 老化遅らせる「不老薬」大規模実験は実現するか

公開日: 更新日:

 年が明けると、アメリカでは戦後生まれのベビーブーマーがついに70代に突入、2050年までに65歳以上の人口は現在の2倍になる予測があります。そんなおり、テレビで放送されて話題になったのが「不老薬の開発ドキュメンタリー」でした。

 高齢者が増えると若い世代への負担が増大、経済は減速、医療保険制度も崩壊──というネガティブな予測ばかりが世の中を賑わしていますが、「では年を取っても元気なままならどうだろう?」というのが、今回取り上げられた不老の研究者たちの持つ仮説です。

 加齢に伴って起こる心臓疾患や糖尿病などの成人病、がんやアルツハイマー病などを防げれば、高齢者の毎日はずっと健康で幸せなものになる。医療費も減り、経済もより活性化する。言われてみればその通りですが、ではどうやって実現するのか?

 研究者の答えは、「年齢とともに起こる老化そのものを遅らせること」。老化を止めることはできなくても、進行が遅くなりさえすれば、病気も減るという論理です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  8. 8

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

  9. 9

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  10. 10

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

もっと見る