シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

NYで話題 老化遅らせる「不老薬」大規模実験は実現するか

公開日: 更新日:

 年が明けると、アメリカでは戦後生まれのベビーブーマーがついに70代に突入、2050年までに65歳以上の人口は現在の2倍になる予測があります。そんなおり、テレビで放送されて話題になったのが「不老薬の開発ドキュメンタリー」でした。

 高齢者が増えると若い世代への負担が増大、経済は減速、医療保険制度も崩壊──というネガティブな予測ばかりが世の中を賑わしていますが、「では年を取っても元気なままならどうだろう?」というのが、今回取り上げられた不老の研究者たちの持つ仮説です。

 加齢に伴って起こる心臓疾患や糖尿病などの成人病、がんやアルツハイマー病などを防げれば、高齢者の毎日はずっと健康で幸せなものになる。医療費も減り、経済もより活性化する。言われてみればその通りですが、ではどうやって実現するのか?

 研究者の答えは、「年齢とともに起こる老化そのものを遅らせること」。老化を止めることはできなくても、進行が遅くなりさえすれば、病気も減るという論理です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  7. 7

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  8. 8

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  9. 9

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

  10. 10

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

もっと見る