• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

デンマーク調査で明暗 FBやめれば日本人も幸せになれる?

 幸せになりたければフェイスブック(FB)を自粛すべし――。こんな実験結果が話題になっている。

 デンマークのシンクタンク「幸福度研究所」が実施したもので、国内の1095人を2グループに分け、一方のグループだけにFBの利用を禁止した。1週間後、「生活にどの程度満足しているか」を10点満点で聞いたところ、FBを使い続けたグループは実験前の7.67点が7.75点と大きな変化はなかった。これに対して禁止されたグループは7.56点が8.12点にアップした。

 また、禁止グループは利用グループより「幸福だ」「人生を楽しんでいる」と答えた人の比率が高く、「悲しい」「孤独だ」は低かった。FBをやめたほうが幸せになれるのだ。なぜなのか。

「FBユーザーは他人のFBを閲覧して自分を追い込んでしまうのです。他人が『おいしい物を食べた』『ブランド品を買った』とアップした写真を見る。すると“自分はそんなぜいたくをしてない”と劣等感を感じて気持ちが鬱々としてくる。さらに他人に負けたくないと無理してぜいたくを始め、経済的に苦しくなる。しかもその行為がやめられない。楽しいはずのFBが義務になり、苦しみに変じてしまうのです」(ITジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事