<第4回>異物混入が気付かれにくい「練り物」の落とし穴

公開日: 更新日:
写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

回収された「発がん性うなぎ」を数年後に再出荷したケースも

 正真正銘、ココイチが冷凍カツの廃棄を決めたのは、最大8ミリのプラスチック片が混じった恐れがあったからだ。横流しされたカツを食べ、鋭利なプラスチック片をのみ込んでいたとしたら、口内が切れるだけでは済まなかったかも知れない。

 だが、そんな異物混入商品…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  3. 3

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  4. 4

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  5. 5

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  6. 6

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  10. 10

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

もっと見る