東京五輪までがチャンス “空き家投資”で大儲けするコツ

公開日:  更新日:

 少子高齢化に伴い、増え続けている空き家。総務省統計局の調べでは、2013年の段階で、全国の住宅のうち13.5%、つまり10軒に1軒以上が空き家となっていた。その数、約820万戸である。

「空き家は年々増えており、2020年には1000万戸に達するといわれています。家を相続したものの使い道がなく、安くてもいいから誰かに売りたいという持ち主も増えているのです」

 こう話すのは、ファイナンシャルプランナーで「100万円からの空き家投資術」(WAVE出版)の著者、高橋洋子氏。こうした状況を受けて、最近は空き家投資で稼いでいる人も少なくないという。中には1カ月に数十万円から数百万円を稼ぐ人も多く出てきているというが、どんなコツがあるのだろうか。

「空き家投資で成功している人に共通しているのは、安く手に入れているということ。不動産価格が最も高い首都圏でも、100万~200万円で手に入れられる一戸建て物件が出てきています。普通に不動産のサイトに出てくる物件もあれば、競売で買い手がつかずに『特別競売』で売りに出された物件も。また、地方では100円で売られている空き家もあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る