売買活発 中古一戸建て「空き家」の“優良物件”はこう見分ける

公開日:  更新日:

 全国に820万戸あるといわれる空き家の撤去や修繕を命令できる「空き家対策特別措置法」が施行された。この法律の影響で今後は中古物件の売買が活性化しそうだ。となれば、知っておきたいのが優良物件を見分ける方法。中古の一戸建てを買う場合、どこをチェックすればいいのか。不動産コンサルティング会社「さくら事務所」の柴尾竜也インスペクターに聞いた。

「築年が古いとか、建て売りか注文住宅かの違いは品質に関係ありません。古くても良い物件はあります。大切なのはまず地盤が強固かどうか、基礎がしっかりしているかどうかをチェックすることです。物件の地盤を調べるには古地図を見て地名に『沼』『池』などの文字がついていないかを確認。これらの文字があると、昔、地盤が弱かったかもしれません。ただし、『ベタ基礎』という強固な基礎工事をしていれば安心。キッチンにある点検口から床下を調べれば分かります。外見では外壁とサッシ窓の間に隙間ができていないか、屋根に劣化によるふくらみがないかをチェックしてください」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る