売買活発 中古一戸建て「空き家」の“優良物件”はこう見分ける

公開日:  更新日:

 全国に820万戸あるといわれる空き家の撤去や修繕を命令できる「空き家対策特別措置法」が施行された。この法律の影響で今後は中古物件の売買が活性化しそうだ。となれば、知っておきたいのが優良物件を見分ける方法。中古の一戸建てを買う場合、どこをチェックすればいいのか。不動産コンサルティング会社「さくら事務所」の柴尾竜也インスペクターに聞いた。

「築年が古いとか、建て売りか注文住宅かの違いは品質に関係ありません。古くても良い物件はあります。大切なのはまず地盤が強固かどうか、基礎がしっかりしているかどうかをチェックすることです。物件の地盤を調べるには古地図を見て地名に『沼』『池』などの文字がついていないかを確認。これらの文字があると、昔、地盤が弱かったかもしれません。ただし、『ベタ基礎』という強固な基礎工事をしていれば安心。キッチンにある点検口から床下を調べれば分かります。外見では外壁とサッシ窓の間に隙間ができていないか、屋根に劣化によるふくらみがないかをチェックしてください」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る