• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

売買活発 中古一戸建て「空き家」の“優良物件”はこう見分ける

 全国に820万戸あるといわれる空き家の撤去や修繕を命令できる「空き家対策特別措置法」が施行された。この法律の影響で今後は中古物件の売買が活性化しそうだ。となれば、知っておきたいのが優良物件を見分ける方法。中古の一戸建てを買う場合、どこをチェックすればいいのか。不動産コンサルティング会社「さくら事務所」の柴尾竜也インスペクターに聞いた。

「築年が古いとか、建て売りか注文住宅かの違いは品質に関係ありません。古くても良い物件はあります。大切なのはまず地盤が強固かどうか、基礎がしっかりしているかどうかをチェックすることです。物件の地盤を調べるには古地図を見て地名に『沼』『池』などの文字がついていないかを確認。これらの文字があると、昔、地盤が弱かったかもしれません。ただし、『ベタ基礎』という強固な基礎工事をしていれば安心。キッチンにある点検口から床下を調べれば分かります。外見では外壁とサッシ窓の間に隙間ができていないか、屋根に劣化によるふくらみがないかをチェックしてください」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  10. 10

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

もっと見る