祈る姿を見て母親を思い出す<湯島天満宮>

公開日: 更新日:

 神田のお気に入りの中華料理屋が、中国黒竜江省チチハルの家庭料理が食べられる新店をオープンしたと聞き、予約をしたのが2月初め。初詣もしていないので、近くの「湯島天神」に参ってから店へ向かうことにした。

 梅が咲き始めており、夕刻の暗闇の中、花とつぼみが白や桃色にぼうっと浮かび上がって見えた。学生時代は大阪で過ごしたので、私にとっての学問の神様といえば「大阪天満宮」。恥ずかしながら湯島天満宮は前を通りかかったことしかなく、「学問」とも縁遠い生活を送ってきたので、受験生を取り巻く人々の必死な気持ちを忘れていた。

 梅をぼんやり眺めている私の横を、足早に通り過ぎる人がどうしてこれほどいるのかと思ったら、湯島天満宮に参る人たちだった。

 年齢から、受験生の親御さんなのだろう。じっと、長く祈る。正月しか会わない実家の母親を思い出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  5. 5

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  6. 6

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  7. 7

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  8. 8

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  9. 9

    コロナ対策の意識の違い…腹を立てるなら無策の政府にだろ

  10. 10

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

もっと見る