締めのラーメン代わりに<長崎佐世保>

公開日:  更新日:

 江戸時代、佐世保は平戸藩のひなびた村にすぎなかった。今の佐世保といえば、佐世保バーガーだ。何軒もある中で、「夜10時までやっている」と長崎の人に教えてもらった1970年創業の「ビッグマン」へ向かった。本店はわずか8坪だが、年間販売数12万個。「飲んだ後に寄るお客さまが結構います。締めのラーメン感覚で召し上がる方や、家族へのお土産に買って帰る方など」と小倉盛義社長。

 パテと自家製ベーコンがいかにもうまそう! バンズもフカフカだ。すでに食事を終えていた同行者は「絶対食べられない!」と言っていたが、完食。生まれも育ちも佐世保の知人が「チェーンのハンバーガー店で初めて食べた時“なんじゃこれ”と思った」と話していたが、そりゃあ、こんなうまいものを小さい頃から食べていたらそうなる。

 直線距離日本一といわれる「さるくシティアーケード」は、平日夜とあってか、ひっそり。飲み屋街をウロウロしたが、気になる店を見つけられずホテルに戻った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る