締めのラーメン代わりに<長崎佐世保>

公開日: 更新日:

 江戸時代、佐世保は平戸藩のひなびた村にすぎなかった。今の佐世保といえば、佐世保バーガーだ。何軒もある中で、「夜10時までやっている」と長崎の人に教えてもらった1970年創業の「ビッグマン」へ向かった。本店はわずか8坪だが、年間販売数12万個。「飲んだ後に寄るお客さまが結構います。締めのラーメン感覚で召し上がる方や、家族へのお土産に買って帰る方など」と小倉盛義社長。

 パテと自家製ベーコンがいかにもうまそう! バンズもフカフカだ。すでに食事を終えていた同行者は「絶対食べられない!」と言っていたが、完食。生まれも育ちも佐世保の知人が「チェーンのハンバーガー店で初めて食べた時“なんじゃこれ”と思った」と話していたが、そりゃあ、こんなうまいものを小さい頃から食べていたらそうなる。

 直線距離日本一といわれる「さるくシティアーケード」は、平日夜とあってか、ひっそり。飲み屋街をウロウロしたが、気になる店を見つけられずホテルに戻った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    確定申告電話相談センターに医療費控除あれこれ聞いてみた

  5. 5

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    公的年金控除額一律10万円引き下げ「確定申告」で取り戻す

  8. 8

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  9. 9

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  10. 10

    アメとムチを使い分け…剛腕・滝沢秀明副社長の孤軍奮闘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る