締めのラーメン代わりに<長崎佐世保>

公開日:  更新日:

 江戸時代、佐世保は平戸藩のひなびた村にすぎなかった。今の佐世保といえば、佐世保バーガーだ。何軒もある中で、「夜10時までやっている」と長崎の人に教えてもらった1970年創業の「ビッグマン」へ向かった。本店はわずか8坪だが、年間販売数12万個。「飲んだ後に寄るお客さまが結構います。締めのラーメン感覚で召し上がる方や、家族へのお土産に買って帰る方など」と小倉盛義社長。

 パテと自家製ベーコンがいかにもうまそう! バンズもフカフカだ。すでに食事を終えていた同行者は「絶対食べられない!」と言っていたが、完食。生まれも育ちも佐世保の知人が「チェーンのハンバーガー店で初めて食べた時“なんじゃこれ”と思った」と話していたが、そりゃあ、こんなうまいものを小さい頃から食べていたらそうなる。

 直線距離日本一といわれる「さるくシティアーケード」は、平日夜とあってか、ひっそり。飲み屋街をウロウロしたが、気になる店を見つけられずホテルに戻った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る