締めのラーメン代わりに<長崎佐世保>

公開日: 更新日:

 江戸時代、佐世保は平戸藩のひなびた村にすぎなかった。今の佐世保といえば、佐世保バーガーだ。何軒もある中で、「夜10時までやっている」と長崎の人に教えてもらった1970年創業の「ビッグマン」へ向かった。本店はわずか8坪だが、年間販売数12万個。「飲んだ後に寄るお客さまが結構います。締めのラーメン感覚で召し上がる方や、家族へのお土産に買って帰る方など」と小倉盛義社長。

 パテと自家製ベーコンがいかにもうまそう! バンズもフカフカだ。すでに食事を終えていた同行者は「絶対食べられない!」と言っていたが、完食。生まれも育ちも佐世保の知人が「チェーンのハンバーガー店で初めて食べた時“なんじゃこれ”と思った」と話していたが、そりゃあ、こんなうまいものを小さい頃から食べていたらそうなる。

 直線距離日本一といわれる「さるくシティアーケード」は、平日夜とあってか、ひっそり。飲み屋街をウロウロしたが、気になる店を見つけられずホテルに戻った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  2. 2

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  5. 5

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  6. 6

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  7. 7

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  8. 8

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  9. 9

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

  10. 10

    内閣広報官に小野日子氏内定 迷走していた後任選び全内幕

もっと見る