「フリーズドライみそ汁」の原点は社長夫人の“主婦目線”

公開日: 更新日:

 新年度がスタート。気持ちも新たに、朝食もしっかりとって一日を始めたい。そこでアマノフーズの「フリーズドライみそ汁」に注目だ。お湯を注いですぐ食べられるフリーズドライのみそ汁は近年、単身世帯の増加や生活スタイルの多様化などを背景に人気が拡大。その中心にいるのがアサヒグループ食品の「アマノフーズ」であり、フリーズドライ・ブロックタイプみそ汁のトップブランドとして市場を盛り上げている。

 製造元は天野実業。1957年に日本で初めてカラメルの粉末化に成功した同社は68年、フリーズドライ食品の有効性に目を向け真空凍結乾燥機を導入。71年に即席麺用具材の開発でヒットを生み、食材メーカーとして飛躍する。そして訪れた転機。当時の社長夫人のひと言がきっかけだった。

「1人分の具材が入ったみそ汁が簡単にできるといいな、という主婦ならではの要望。そこから自社ブランドのみそ汁作りが始まった」(アマノ事業本部の柴田玲佳氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  5. 5

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  6. 6

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    年金で海外移住 預金250万円でビザが下りるタイがイチオシ

  10. 10

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る