• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ゼブラ「サラサ」が他社製品を圧倒する“書き味”の秘密

 ゼブラのジェルボールペン「サラサ」シリーズは水性ボールペンのナンバーワンブランドだ。主力の「サラサクリップ」は豊富な色展開が好評で、2003年の発売からの累計販売数はすでに4億本を超える。一方で期待の新シリーズも登場。今年2月、超速乾性インク採用の「サラサドライ」が好スタートを切った。

 92年にキャップ式ボールペンで、水性ながらにじまず書けるジェルインクを採用したゼブラ。やがてノック式のニーズの高まりを受け、00年に誕生したのが「サラサ」であり、03年には可動式バインダークリップを搭載した「サラサクリップ」が登場する。

 リフィル内では粘度の高いインクが、先端のボールが回転すると液体状に変化し、紙にのると元の粘度に戻る。これがジェルインクボールペンの仕組み。とくにサラサのような水性顔料タイプは耐水性があり、軽い力で書けることから人気が拡大した。もっとも、競合品も基本的な仕組みは同じ。となればポイントは書き味。濃くくっきりとした文字を“さらさら”書けるのがヒットの理由だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  9. 9

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  10. 10

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

もっと見る