• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ゼブラ「サラサ」が他社製品を圧倒する“書き味”の秘密

 ゼブラのジェルボールペン「サラサ」シリーズは水性ボールペンのナンバーワンブランドだ。主力の「サラサクリップ」は豊富な色展開が好評で、2003年の発売からの累計販売数はすでに4億本を超える。一方で期待の新シリーズも登場。今年2月、超速乾性インク採用の「サラサドライ」が好スタートを切った。

 92年にキャップ式ボールペンで、水性ながらにじまず書けるジェルインクを採用したゼブラ。やがてノック式のニーズの高まりを受け、00年に誕生したのが「サラサ」であり、03年には可動式バインダークリップを搭載した「サラサクリップ」が登場する。

 リフィル内では粘度の高いインクが、先端のボールが回転すると液体状に変化し、紙にのると元の粘度に戻る。これがジェルインクボールペンの仕組み。とくにサラサのような水性顔料タイプは耐水性があり、軽い力で書けることから人気が拡大した。もっとも、競合品も基本的な仕組みは同じ。となればポイントは書き味。濃くくっきりとした文字を“さらさら”書けるのがヒットの理由だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  7. 7

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る