• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バナナが高級品に? 新パナマ病感染拡大で価格ジワリ上昇

 総務省の家計調査によると、果物の中ではみかん、りんごを抜いて年間購入数量トップ。日本の庶民に最も愛されているバナナが「食卓から消えるおそれ 病気の感染拡大」――そう報じた、17日のNHKのニュースにギョッとした人も多いはずだ。

 それによると、バナナの木を枯れさせる「新パナマ病」の感染が世界中に拡大。この病気は一度かかると治らないため、バナナの“不治の病”と呼ばれている。日本最大の輸入元であるフィリピン南部のミンダナオ島では、バナナの木の5分の1がすでに感染し、生産量もこの5年で20%以上も減。今年はさらに落ち込む見通しというから、シャレにならない。

 日本のバナナは99%輸入で、そのうち9割近くがフィリピン産。実際、2013年の輸入量は約91万トンだったが、昨年は約82万トンまで減少している(財務省貿易統計)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る