東京でメロンが 「町田式水耕栽培槽」完成までの紆余曲折

公開日:  更新日:

 このところ百貨店の食料品売り場などで注目されているのが、工場で水耕栽培された果物だ。工場栽培される野菜は増えてきていて、スーパーでも当たり前のように並んでいる。だが、果物のそれは難しいといわれていた。それが技術の進化によって可能になってきているのだ。

 東京の町田商工会議所は2009年、町田市内外の10企業と連携して「まちだシルクメロン」プロジェクトを始めた。

「リーマン・ショック後、市内の中小工場は利益5割減などの大打撃を受けました。そんな中、商工会議所の工業部会で、『みんなでひとつの目標に向かって頑張ることで、元気を取り戻そう』という話になり、メロンの水耕栽培を複数企業で協力して進めることになったんです」(同会議所の担当者)

 ただし、メロンの水耕栽培は一筋縄ではいかなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

もっと見る