違反ワーストは信号無視…自転車危険運転をおさらいする

公開日:  更新日:

 自転車の危険運転はダメ――。

 昨年6月に道路交通法の一部が改正されてから1年が経過した。危険行為で3年間に2回摘発された人は、有料講習(5700円)を受けなければならなくなったのは記憶に新しい。講習を無視すると、裁判所に呼び出され、5万円以下の罰金となるから笑ってはいられない。

 警察庁のまとめによると、この1年間(昨年6月1日~今年5月31日)で、自転車運転者講習対象の危険行為による摘発数は、全国で1万5131件に上った。

 昨年の改正で“危険行為”(違反)に指定されたのは、信号無視をはじめ通行禁止違反やブレーキ不良自転車運転など14項目だったが、中でも多かった違反ワースト5を挙げると――。

①信号無視…6457件(42.7%)
②遮断踏切立ち入り…3884件(25.7%)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る