30歳前後に多い? 一から十まで上司に頼る「人依存」社員

公開日: 更新日:

 イチから十まで上司に頼るような若手はどこの職場にも一人や二人はいる。といっても、それが許されるのは新人だけだ。社歴が5年以上、30歳前後となっては厄介な存在でしかない。いちいち上司の横にやってきては、たいして進展していない報告をし、追加の指示を仰ぐ。そんな“依存体質社員”が一緒では、上司は仕事にならない。それを目にする同僚だってうっとうしいだろう。

 現在、約20社で産業医を務める精神科医の奥田弘美氏が言う。

「依存性パーソナリティー障害という病気があります。パーソナリティー障害のひとつで、自分で決断できない、常に相手に決めてもらう、自己を犠牲にして相手に合わせるなどの特徴があります。女性に多い病気ですが、ここまでいくと自分に対して無力感があるし、他者に頼っていないと生きられないようになってしまう。“一人になると生きていけない”ような思い込みもあるし、社会人でそこまで深刻な人はいないと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  9. 9

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  10. 10

    蜜月関係から一転…西尾市長「スギ薬局」猛批判の裏事情

もっと見る