「オランジーナ」CMで評判 島旅の魅力を旅行のプロが語る

公開日: 更新日:

 フランス人女性が「コマンタレブー」と街の人たちに声を掛けながら自転車で学校へ――。清涼飲料水オランジーナのCMは、キレイな女性もさることながら、街並みがいいと評判だ。海岸線に軒を連ねる木造家屋や円筒状の赤いポスト、床屋の三色サインポール、青壁の交番といった風景が昭和を感じさせ、街も人も生き生きとして描かれているのが共感を呼ぶのだろう。

 そのロケ地は、広島の呉から瀬戸内の島と島を結ぶバスに揺られること90分、大崎下島の御手洗地区。江戸時代、風待ちの港町として栄えたこのエリアは船宿や住宅、商家、神社、寺院が混在。路地が網の目のように巡る重要伝統的建造物群保存地区だ。

 記者が海岸線から路地に入ると、内科・小児科を掲げる「越智醫院」の看板は右から左に文字が並ぶ。そんな時代にレントゲン科を併設していたのはすごい。CMでは、この越智醫院が交番にリメークされている。集落の奥には、全盛期100人の遊女が在籍した茶屋・若胡子屋の跡があり、遊女は“おちょろ舟”と呼ばれた小舟に乗り、風待ちにやってきた船乗りの相手をしたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

もっと見る