キャラは妖精だった? ローソン「からあげクン」誕生秘話

公開日:  更新日:

 ローソンを代表するオリジナル商品といえば「からあげクン」だ。1986年4月の発売から30年。販売数は累計25億食を突破し、今も快進撃を続ける。2015年度は過去最高となる1.6億食を記録した。

 空揚げながら、おやつに最適なひと口サイズ。バラエティーに富んだフレーバー展開も特徴だ。パッケージにデザインされたキャラクターも人気。一見、ニワトリに見えるが、その正体は「妖精」だという。

「おいしいのは当たり前で、驚きや楽しさ、面白さ、さらにはキャラクターによる癒やしも含めて支持されていると思う」(商品本部の吉田祐子氏=写真)

 食べやすい鶏ムネ肉を使用。現在は100%国産だ。また価格はずっと200円(税抜き)を維持。このあたりも好感度大である。

 ローソンは79年に業界で初めてフライヤーを導入。当初はアメリカンドッグなど一般的な商材が中心だったが、ローソンならではのアイテムが欲しいという思いのもとに86年、「からあげクン」が誕生する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る