• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

仕上げで差別化 サークルKサンクス「ジャンボ焼きとり」

 サークルKサンクスのカウンターフーズ「ジャンボ焼きとり」が人気だ。2011年に「焼きとり」シリーズとして発売開始。14年にはボリュームを増やして「ジャンボ焼きとり」となり、快進撃を続ける。累計販売本数は16年6月末、4億5000万本(出荷ベース)を突破した。

 決め手は焼きたて感と本格的な味。工場で焼いたもの(炭火焼きなど)を納品し、店舗のホットプレートでタレを絡めて焼き上げる。こだわりのタレには千葉県の老舗醤油醸造所、タイヘイ社の木桶仕込み天然本醸造醤油を100%使用。店内に漂う香ばしい醤油のにおい。宣伝効果は絶大だ。

 コンビニのカウンターフーズは、最もお客の目につきやすく、また独自性が出せる場所。どんな商品があれば身近に感じてもらえるか。視点は家庭の食卓。その答えが焼きとりだった。

「焼きとりは家庭でつくる機会は少ないが、食卓で消費される総菜としては非常に人気が高く、市場規模も大きい。『本格的な味』で勝負すれば差別化できると確信した」(商品本部デイリーフーズ部部長の川口雅洋氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る