仕上げで差別化 サークルKサンクス「ジャンボ焼きとり」

公開日:  更新日:

 サークルKサンクスのカウンターフーズ「ジャンボ焼きとり」が人気だ。2011年に「焼きとり」シリーズとして発売開始。14年にはボリュームを増やして「ジャンボ焼きとり」となり、快進撃を続ける。累計販売本数は16年6月末、4億5000万本(出荷ベース)を突破した。

 決め手は焼きたて感と本格的な味。工場で焼いたもの(炭火焼きなど)を納品し、店舗のホットプレートでタレを絡めて焼き上げる。こだわりのタレには千葉県の老舗醤油醸造所、タイヘイ社の木桶仕込み天然本醸造醤油を100%使用。店内に漂う香ばしい醤油のにおい。宣伝効果は絶大だ。

 コンビニのカウンターフーズは、最もお客の目につきやすく、また独自性が出せる場所。どんな商品があれば身近に感じてもらえるか。視点は家庭の食卓。その答えが焼きとりだった。

「焼きとりは家庭でつくる機会は少ないが、食卓で消費される総菜としては非常に人気が高く、市場規模も大きい。『本格的な味』で勝負すれば差別化できると確信した」(商品本部デイリーフーズ部部長の川口雅洋氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る