1965年発売の銘菓「源氏パイ」は“源義経”が命名のヒント

公開日:  更新日:

 愛らしいハート形でおなじみのパイ菓子「源氏パイ」は、1965年生まれのロングセラー商品だ。おやつやお茶うけの定番としてファミリー層を中心に絶大な支持を得ながら、近年はひと口サイズの「ミニ源氏パイ」やチョコ味など、若い世代を意識したシリーズ展開も好評。発売から50年経ったいまも売り上げを伸ばしている。

 製造販売するのは静岡の老舗菓子メーカー、三立製菓。同社は63年に日本で初めてパイ菓子の量産化に成功。改良を重ね、65年に発売したのが「源氏パイ」である。そもそもなぜパイ菓子なのか。きっかけはパイの本場ヨーロッパ。当時の開発担当者が現地を視察中に「パルミエ」と呼ばれるハート形のパイ菓子に出合い、「この菓子を日本でも手ごろな価格で味わってもらえるようにしたい」と考えたのが始まりだ。もっとも、本来は高級菓子である。開発は苦労の連続だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る