• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

1965年発売の銘菓「源氏パイ」は“源義経”が命名のヒント

 愛らしいハート形でおなじみのパイ菓子「源氏パイ」は、1965年生まれのロングセラー商品だ。おやつやお茶うけの定番としてファミリー層を中心に絶大な支持を得ながら、近年はひと口サイズの「ミニ源氏パイ」やチョコ味など、若い世代を意識したシリーズ展開も好評。発売から50年経ったいまも売り上げを伸ばしている。

 製造販売するのは静岡の老舗菓子メーカー、三立製菓。同社は63年に日本で初めてパイ菓子の量産化に成功。改良を重ね、65年に発売したのが「源氏パイ」である。そもそもなぜパイ菓子なのか。きっかけはパイの本場ヨーロッパ。当時の開発担当者が現地を視察中に「パルミエ」と呼ばれるハート形のパイ菓子に出合い、「この菓子を日本でも手ごろな価格で味わってもらえるようにしたい」と考えたのが始まりだ。もっとも、本来は高級菓子である。開発は苦労の連続だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  4. 4

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る