1965年発売の銘菓「源氏パイ」は“源義経”が命名のヒント

公開日: 更新日:

 愛らしいハート形でおなじみのパイ菓子「源氏パイ」は、1965年生まれのロングセラー商品だ。おやつやお茶うけの定番としてファミリー層を中心に絶大な支持を得ながら、近年はひと口サイズの「ミニ源氏パイ」やチョコ味など、若い世代を意識したシリーズ展開も好評。発売から50年経ったいまも売り上げを伸ばしている。

 製造販売するのは静岡の老舗菓子メーカー、三立製菓。同社は63年に日本で初めてパイ菓子の量産化に成功。改良を重ね、65年に発売したのが「源氏パイ」である。そもそもなぜパイ菓子なのか。きっかけはパイの本場ヨーロッパ。当時の開発担当者が現地を視察中に「パルミエ」と呼ばれるハート形のパイ菓子に出合い、「この菓子を日本でも手ごろな価格で味わってもらえるようにしたい」と考えたのが始まりだ。もっとも、本来は高級菓子である。開発は苦労の連続だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  3. 3

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  4. 4

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  5. 5

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  8. 8

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  9. 9

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  10. 10

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る