相続税なくても要注意…遺産分割トラブルの意外なデータ

公開日:  更新日:

「ウチはおカネがないから、相続税の心配がなくてよかった」――お盆に帰省して親とこんな冗談を交わした人もいるだろう。確かに相続税が課税される人は、わずか4.4%。「相続税ナシ」は庶民の強がりではないのだが、だからといって問題がないわけでもないのだ。ファイナンシャルプランナーの紀平正幸氏が言う。

「相続税が課税されないような遺産でも、その分割によってトラブルになるケースは少なくありません。最悪の場合、交渉が決裂して、家庭裁判所で調停や審判を受けることになるのです」

 2014年に家裁に持ち込まれた遺産分割は1万5261件。この10年で26%増え、20年前より5割以上の増加だ。火種の遺産金額は、3割が1000万円以下で、5000万円以下まで広げると7割に上る。遺産分割のトラブルは、どの家庭にも起こりうるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る