相続税なくても要注意…遺産分割トラブルの意外なデータ

公開日: 更新日:

「ウチはおカネがないから、相続税の心配がなくてよかった」――お盆に帰省して親とこんな冗談を交わした人もいるだろう。確かに相続税が課税される人は、わずか4.4%。「相続税ナシ」は庶民の強がりではないのだが、だからといって問題がないわけでもないのだ。ファイナンシャルプランナーの紀平正幸氏が言う。

「相続税が課税されないような遺産でも、その分割によってトラブルになるケースは少なくありません。最悪の場合、交渉が決裂して、家庭裁判所で調停や審判を受けることになるのです」

 2014年に家裁に持ち込まれた遺産分割は1万5261件。この10年で26%増え、20年前より5割以上の増加だ。火種の遺産金額は、3割が1000万円以下で、5000万円以下まで広げると7割に上る。遺産分割のトラブルは、どの家庭にも起こりうるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  3. 3

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  4. 4

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

  5. 5

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  6. 6

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  7. 7

    NHK紅白“サプライズ”候補にあがる大物アーティストの名前

  8. 8

    チコちゃんに迫る?「突撃!カネオくん」田牧そらの人気

  9. 9

    “令和のみのもんた”と呼ばれ始め…坂上忍のギャラと不安

  10. 10

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る