野菜初の機能性表示食品も サラダコスモに日本初多い理由

公開日:  更新日:

 もやしを主力商品として、1980年から黒字経営を続ける発芽野菜のパイオニア、サラダコスモ。中でもいま話題なのが、野菜初の機能性表示食品「大豆イソフラボン子大豆もやし」だ。

 小粒大豆を使っており、もともとは「子大豆もやし」の商品名で91年に発売。もやしといえば緑豆もやしが主流の中、品揃え強化を目的に投入した。

「大豆の栄養価はもちろん、食感もシャキシャキで、鍋物に使ってもくたっとならないなど、当時から訴求ポイントは多数あった」(営業本部長の宮地隆彰氏)

 大豆の中でも、小粒大豆を使ったもやしは日本初。使い勝手のよさも支持され、ヒット商品に成長した。そして2015年10月、野菜初の機能性表示食品として発売すると売り上げが急伸。大豆イソフラボンの働きで骨の健康に役立つことを訴求できるようになり、好調が続いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る