野菜初の機能性表示食品も サラダコスモに日本初多い理由

公開日:  更新日:

 もやしを主力商品として、1980年から黒字経営を続ける発芽野菜のパイオニア、サラダコスモ。中でもいま話題なのが、野菜初の機能性表示食品「大豆イソフラボン子大豆もやし」だ。

 小粒大豆を使っており、もともとは「子大豆もやし」の商品名で91年に発売。もやしといえば緑豆もやしが主流の中、品揃え強化を目的に投入した。

「大豆の栄養価はもちろん、食感もシャキシャキで、鍋物に使ってもくたっとならないなど、当時から訴求ポイントは多数あった」(営業本部長の宮地隆彰氏)

 大豆の中でも、小粒大豆を使ったもやしは日本初。使い勝手のよさも支持され、ヒット商品に成長した。そして2015年10月、野菜初の機能性表示食品として発売すると売り上げが急伸。大豆イソフラボンの働きで骨の健康に役立つことを訴求できるようになり、好調が続いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    広島1位・小園海斗の成長に一役…父語る400万円の秘密兵器

  10. 10

    歴史は繰り返す 「分断か共生か」の対立が招く3度目の大戦

もっと見る