魅惑のコラボ「わさビーフ」のヒントは米レストランの味

公開日: 更新日:

 わさび味のポテトチップスといえば、山芳製菓の「わさビーフ」。塩・のり塩・コンソメが王道といわれる市場において、1987年の発売以来、抜群の存在感でヒットを続けている。

 和の「わさび」と洋の「ビーフ」のコラボはいかにして生まれたのか。発案者は同社の会長・山崎光博氏(当時は専務)。アメリカのレストランで食べた「ローストビーフ」のおいしさがヒントになったという。

「ローストビーフには西洋わさびが添えてあった。あれこれ試す中で、コンソメとわさびを組み合わせてみると、あの味に近い。これはイケる!となった」(ブランドマネジャーの加藤武史氏)

 塩・のり塩・コンソメは大手が強い。そこで狙った「ほかにはない商品」だったが、斬新過ぎたか当初は苦戦。商品名も「アメリカンテイスト」から始まり紆余曲折あった。それでも中身には自信。改めて販売を進める中、営業部員から「ビーフの味わいが強いから、わさびとビーフをくっつけて『わさビーフ』でどうか」との意見が出て、ようやく手ごたえ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  8. 8

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  9. 9

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  10. 10

    令和の大女優候補 清野菜名の超ストイックな女子会ライフ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る