• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

魅惑のコラボ「わさビーフ」のヒントは米レストランの味

 わさび味のポテトチップスといえば、山芳製菓の「わさビーフ」。塩・のり塩・コンソメが王道といわれる市場において、1987年の発売以来、抜群の存在感でヒットを続けている。

 和の「わさび」と洋の「ビーフ」のコラボはいかにして生まれたのか。発案者は同社の会長・山崎光博氏(当時は専務)。アメリカのレストランで食べた「ローストビーフ」のおいしさがヒントになったという。

「ローストビーフには西洋わさびが添えてあった。あれこれ試す中で、コンソメとわさびを組み合わせてみると、あの味に近い。これはイケる!となった」(ブランドマネジャーの加藤武史氏)

 塩・のり塩・コンソメは大手が強い。そこで狙った「ほかにはない商品」だったが、斬新過ぎたか当初は苦戦。商品名も「アメリカンテイスト」から始まり紆余曲折あった。それでも中身には自信。改めて販売を進める中、営業部員から「ビーフの味わいが強いから、わさびとビーフをくっつけて『わさビーフ』でどうか」との意見が出て、ようやく手ごたえ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  8. 8

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  9. 9

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  10. 10

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

もっと見る