魅惑のコラボ「わさビーフ」のヒントは米レストランの味

公開日:  更新日:

 わさび味のポテトチップスといえば、山芳製菓の「わさビーフ」。塩・のり塩・コンソメが王道といわれる市場において、1987年の発売以来、抜群の存在感でヒットを続けている。

 和の「わさび」と洋の「ビーフ」のコラボはいかにして生まれたのか。発案者は同社の会長・山崎光博氏(当時は専務)。アメリカのレストランで食べた「ローストビーフ」のおいしさがヒントになったという。

「ローストビーフには西洋わさびが添えてあった。あれこれ試す中で、コンソメとわさびを組み合わせてみると、あの味に近い。これはイケる!となった」(ブランドマネジャーの加藤武史氏)

 塩・のり塩・コンソメは大手が強い。そこで狙った「ほかにはない商品」だったが、斬新過ぎたか当初は苦戦。商品名も「アメリカンテイスト」から始まり紆余曲折あった。それでも中身には自信。改めて販売を進める中、営業部員から「ビーフの味わいが強いから、わさびとビーフをくっつけて『わさビーフ』でどうか」との意見が出て、ようやく手ごたえ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る