伸び悩む新電力切り替え 荻原博子さんが指摘する原因とは

公開日: 更新日:

 新電力の契約件数が伸び悩んでいる。今年4月から、電気の購入先を自由に選べるようになったものの、大手電力会社からの切り替えを決めた家庭は全国で167万5100件(8月末現在)、全体の2.7%にとどまっている。

 完全自由化のスタート直前はテレビ、新聞、雑誌がこぞって特集し、「どこが安い」「いくら安い」と比較。9割以上の人が「切り替える」と答えた調査結果もあった。現在、電力の小売りで国に登録した会社は300社を超えている。その多くは首都圏を中心に参入しているが、東京電力からの切り替えですら4.2%と低水準だ。

 これだけ人気がないのは、新電力が思ったほど安くないから? 経済ジャーナリストの荻原博子氏は、「いいえ、大手の電力会社よりも新電力の方が間違いなく料金は安いです。手続きも簡単で、電話一本で済む。切り替えは家計にとってプラスです」と指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

もっと見る