• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

伸び悩む新電力切り替え 荻原博子さんが指摘する原因とは

 新電力の契約件数が伸び悩んでいる。今年4月から、電気の購入先を自由に選べるようになったものの、大手電力会社からの切り替えを決めた家庭は全国で167万5100件(8月末現在)、全体の2.7%にとどまっている。

 完全自由化のスタート直前はテレビ、新聞、雑誌がこぞって特集し、「どこが安い」「いくら安い」と比較。9割以上の人が「切り替える」と答えた調査結果もあった。現在、電力の小売りで国に登録した会社は300社を超えている。その多くは首都圏を中心に参入しているが、東京電力からの切り替えですら4.2%と低水準だ。

 これだけ人気がないのは、新電力が思ったほど安くないから? 経済ジャーナリストの荻原博子氏は、「いいえ、大手の電力会社よりも新電力の方が間違いなく料金は安いです。手続きも簡単で、電話一本で済む。切り替えは家計にとってプラスです」と指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  6. 6

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  7. 7

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  8. 8

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

もっと見る