伸び悩む新電力切り替え 荻原博子さんが指摘する原因とは

公開日:  更新日:

 新電力の契約件数が伸び悩んでいる。今年4月から、電気の購入先を自由に選べるようになったものの、大手電力会社からの切り替えを決めた家庭は全国で167万5100件(8月末現在)、全体の2.7%にとどまっている。

 完全自由化のスタート直前はテレビ、新聞、雑誌がこぞって特集し、「どこが安い」「いくら安い」と比較。9割以上の人が「切り替える」と答えた調査結果もあった。現在、電力の小売りで国に登録した会社は300社を超えている。その多くは首都圏を中心に参入しているが、東京電力からの切り替えですら4.2%と低水準だ。

 これだけ人気がないのは、新電力が思ったほど安くないから? 経済ジャーナリストの荻原博子氏は、「いいえ、大手の電力会社よりも新電力の方が間違いなく料金は安いです。手続きも簡単で、電話一本で済む。切り替えは家計にとってプラスです」と指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る